マリーゴールド

マリーゴールドは、キク科コウオウソウ属の一年草で、黄色やオレンジ色などの鮮やかな花を咲かせる植物です。

マリーゴールドの花言葉は、全体としては「嫉妬」「絶望」「悲しみ」などす。

黄色いマリーゴールドは「健康」、オレンジ色のマリーゴールドは「真心」です。

マリーゴールド



津軽弁、きみ

きみとは、とうもろこしという意味の津軽弁です。 なんぼめえきみだなあー。 とてもおいしいとうもろこしです。

コメントなし

ベチュニア、園

ベチュニアは、南アメリカが原産のナス科ペチュニア属の草花です。 色や形が豊富で開花期が長いのが特徴です。 ベチュニアの花言葉は「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」です。

コメントなし

サルスベリ

サルスベリは、ミソハギ科サルスベリ属の落葉高木で、原産地は中国南部です。 百日紅とも呼ばれ、7月から10月にかけてピンクや白などの色とりどりの花を咲かせます。 花弁は縮れていて、ちりめんのような質感が特徴です。 樹皮は滑 […]

コメントなし

アスター、庭

アスターは、キク科の一年草で、中国原産の植物です。 エゾギクやサツマギクとも呼ばれます。 花色が豊富で、赤・白・黄・紫などの色があります。 花の形も品種によってさまざまで、半八重咲きやポンポン咲き、万重咲きなどがあります […]

コメントなし

ヤマブキ

ヤマブキは、バラ科ヤマブキ属の落葉低木で、北海道から九州まで広く日本に分布しています。 春になると、オレンジ色に近い黄色の花を咲かせます。この花の色が「やまぶき色」の由来になっています。 ヤマブキの花言葉は、「気品」「崇 […]

コメントなし

クロッカス

クロッカスは早春に咲き、観賞用のみに栽培されるため、春サフラン、花サフランなどとも呼ばれています。花言葉は「青春の喜び」「切望」

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ねぎの花

    次の記事

    ミニ大根