カラナデシコ

カラナデシコは、キク科ナデシコ属の多年草で、中国が原産地です。

別名セキチク(石竹)とも呼ばれます。

平安時代にはすでに日本に渡来していたと考えられています。

花言葉は「愛情の深さ」「優美な心」「清らかな愛」などです。

カラナデシコ

カラナデシコは、春から初夏にかけて、白や赤、ピンクなどの色の花を咲かせます。

花びらは5枚で、縁が細かく切れ込みが入っています。



津軽弁、もっきりこ

もっきりこは、コップ酒という意味の津軽弁です。 もっきりこ1杯ください。 今日は雪が降りました。 寒い夜は、もっきりこ1杯で、暖をとります。

コメントなし



オオトリトマ

オオトリトマは、南アフリカ原産のツルボラン科の多年草で、別名トーチリリーとも呼ばれます。 花茎は60cm~1.8mになり、20cm前後の花穂をつけます。 花色は赤から濃いオレンジ、黄色の品種があります。 花は下から順に咲 […]

コメントなし

レウカンセマム・マキシマム

レウカンセマム・マキシマムは、キク科フランスギク属 (レウカンテマム属)の多年草で、フランスやスペインが原産です。 シャスターデージーという園芸品種の親の一つでもあります。 白い舌状花と黄色い管状花からなる大きな頭花を咲 […]

コメントなし

スイカ

庭の畑のスイカを収穫しました。 小玉スイカ、良い出来でした。 スイカは、ウリ科・スイカ属のツル性の植物で、黄色い花を咲かせます。 雄花と雌花があり、授粉すると丸い実ができます。 雌花と雄花の違いは、花の付け根に膨らみがあ […]

コメントなし

ピンギキュラ・モラネンシス

ピンギキュラ・モラネンシスは、熱帯高山性の多年草で、食虫植物の一種です。 葉の表面から粘り気のある液を出して虫を捕らえます。 花はスミレに似ていて、紫色や桃色、白色などの色があります。 メキシコの中部から南西部にかけての […]

コメントなし

フスマフツギ

フスマウツギは、アジサイ科に属する落葉低木で、春から夏にかけて美しい白い花を咲かせます。 丸みを帯びた樹形が特徴で、花は香りが良く、品種によって香りの強さが異なります。 フスマウツギの花言葉は、「古風」、「風情」、そして […]

コメントなし


今日はどこで、ランチ・・・。

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。

今日はどこで、ランチ・・・。

気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。

相議(あいぎす)とは?

相議(あいぎす)とは、問題の解決のために話し合ったり、他人の意見を聞いたりすることです。 相議は、官公庁や民間の組織でよく行われる方法です。 多角的な視点を得ることができます。 相議に参加する人々は、それぞれに異なる知識 […]

コメントなし

丑寅櫓(うしとらやぐら)、弘前公園

青森県弘前市、二の丸丑寅櫓(にのまるうしとらやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸丑寅櫓は、二の丸の北東を守るために […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    寿司ランチ、割烹味新