ハンカチツリー

ハンカチツリーは、ミズキ科ハンカチノキ属の落葉高木で、中国南西部に自生しています。

白いハンカチのように見える部分は、花びらではなく葉が変形したもので、苞葉(ほうよう)と呼ばれます。

本当の花は苞葉の中心にあります。

ハンカチツリーの花言葉は「清潔」です。

白いハンカチが手洗いや消毒などの清潔保持のイメージと結びつくことから付けられた花言葉です。

ハンカチツリー



開花時期は4月から5月で、花が咲くまでに10年から15年かかります。

日当たりが良くて湿度のある場所を好みますが、乾燥や西日には弱いです。

別名「ハトノキ」や「ゴーストツリー」とも呼ばれます。

津軽弁、まんつけ

まんつけとは、全部、丸ごという意味の津軽弁です。 私は、東京に行った時に、カフェで忘れものをしました。 ハンドバックまんつけです。ハンドバックまるごという意味です。 あわててカフェに戻って、ハンドバックまんつけ忘れました […]




駒繋(コマツナギ)

駒繋(コマツナギ)は、夏にピンク色の花を咲かせる、マメ科の山野草。その名前の由来は、根が地中深く入って、馬(駒)を繋げるほど丈夫なところからきています。 駒繋(コマツナギ)の花言葉は、「希望を叶える」です。由来は、ひとつ […]

コメントなし

オーニソガラム

オーニソガラムは、星型の白い六弁花をたくさん咲かせる球根植物です。 英名は「Star of Bethlem(ベツレヘムの星)、和名は「オオアマナ」とも呼ばれます 。 花言葉は「純粋」「才能」「潔白」「無垢」「希望」です。

コメントなし

メタセコイヤ

メタセコイアは、中国原産の落葉高木で、和名はアケボノスギとも呼ばれます。 葉は秋に紅葉して枝とともに落ちます。 メタセコイアは化石植物として発見された後、生きているものが中国で見つかりました。 そのため、生きている化石と […]

コメントなし

ソメイヨシノ

ソメイヨシノは、エドヒガンとオオシマザクラの雑種として生まれた日本産のサクラの栽培品種です。 ソメイヨシノの花言葉は、純潔、優れた美人です。 これは桜全般の花言葉とは別に、ソメイヨシノという品種の桜だけが持っている花言葉 […]

コメントなし

シラン(紫蘭)

シラン(紫蘭)は、ラン科シラン属の宿根草です。 地下にある偽球茎が丸くて平らで、前年以前の古い偽球茎がいくつもつながっている植物です。 花は、紫色や白色をしており、花期は4月から6月頃です。 シランの花言葉は、美しい姿、 […]

コメントなし


弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

ソバーキュリアス

ソバーキュリアスとは、お酒を飲める人や飲んでも問題ない人が、あえてお酒を飲まないという選択をするライフスタイルのことです。 欧米の若者を中心に流行しており、日本でも2021年頃から注目され始めました。 ソバーキュリアスに […]

コメントなし

弘前城天守

弘前城天守は、 国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されています。 弘前城は、1590年に津軽地方を統一した大浦為信が築城を開始し、1611年に2代目藩主信枚が完成させました。 当時は5層の天守があ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ツルニチニチソウ

    次の記事

    ツツジ