キバナヒナギク

キバナヒナギクは、キク科コレオステフス属の一年草で、アルジェリア原産です。

別名クリサンセマム・ムルチコーレとも呼ばれます。

キバナヒナギクの花言葉は、色によって異なりますが、一般的には「無意識」や「ありのまま」などです。

キバナヒナギク



英名はイエローデイジーといいます。

茎は半匍匐性で、高さは10~30cmほどになります12。葉はへら形で、やや肉厚で鋸歯があります。

花期は3~6月で、黄色い頭状花を茎の先に咲かせます。

花径は2~3cmほどで、舌状花と筒状花からなります。

津軽弁、まっこ

まっことは「お年玉」や「お盆などにもらうお小遣い」や「お店でサービスでつけてくれるおまけ」という意味の津軽弁です。あなたは私にまっこをくれるのですか?




ホトトギス

ホトトギス(杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草で、日本の特産種です。 日陰のやや湿った斜面や崖、岩場に見られ、葉のわきに紫色の斑点のある花を上向きに咲かせます。 品種や交配種も多く、秋に美しい花を楽しむことができます […]

コメントなし

ホンアジサイ

ホンアジサイは、日本で原種のガクアジサイから改良された園芸品種で、アジサイ科アジサイ属の落葉低木です。 6月から7月にかけて開花し、白、青、紫、ピンクなどの色の装飾花を咲かせます。 装飾花は、花弁に見えるのは萼(がく)の […]

コメントなし

梅の花

桜より少し先に開花する梅。花言葉は、「上品」「高潔」「忍耐」「忠実」です。 松、竹、梅は「歳寒の三友(さいかんのさんゆう)」と呼ばれ、寒さに耐える植物とされてきました。 「松竹梅」と言えば、おめでたいものとして慶事などに […]

コメントなし

シロヤナギ

秋田県大館市中城、桂城公園内のシロヤナギ。樹高22m、幹囲5.3m、推定樹齢200年。シロヤナギは、北海道-東北の河岸に多く、樹形が丸くなるヤナギで、樹皮や葉が白っぽく見えます。

コメントなし

タンポポの綿毛

タンポポは、キク科タンポポ属の草花の総称で、春になるとどこでも見かける野草です。 タンポポの綿毛の花言葉は、「別離」「別れ」「思わせぶり」などです。 綿毛が風に吹かれて飛んでいく様子や、占いの結果が気まぐれなことに由来し […]

コメントなし


弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

カップデリ

カップデリは、セブン-イレブンで販売されています。 手軽に野菜をとれる小容量のお惣菜・サラダです。 容器のふた部分には「トップシール」が採用されており、鮮度とおいしさを保っています。 販売地域は全国で、価格は商品によって […]

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です