収穫の終わったりんご園と岩木山

青森県弘前市鳥井野周辺

収穫の終わったりんご園と岩木山

収穫の終わったりんご園と岩木山





津賀野桜街道と岩木山

青森県弘前市津賀野、岩木山。 津賀野には、国道7号線沿いに約2kmにわたって桜並木が続く「つかの桜街道」があります。 この桜並木は、ソメイヨシノを中心に約1,000本の桜が植えられており、開花前です。

真冬の岩木山

真冬の岩木山は、雪に覆われた美しい景色です。 青森県弘前市青女子地区周辺にて 青森県弘前市一町田地区にて 岩木山には、桜や紅葉などの四季折々の魅力がありますが、真冬の岩木山も見応えがあります。 岩木山は青森県のシンボルで […]

初冬の岩木山

青森県弘前市蒔苗周辺、収穫が終わった田んぼ、初冬の岩木山。 岩木山の山頂には雪が見えます。束の間の穏やかな一日。

夕暮れの富士見橋と岩木山

青森県弘前市紺屋町周辺、夕暮れの富士見橋と岩木山。

藤田記念庭園と岩木山

青森県弘前市上白銀町8-1、藤田記念庭園。 弘前公園に隣接し、弘前市出身の藤田謙一氏が大正八年に別邸を構える際、つくらせた庭園です。 その後、弘前市政百周年記念事業として整備し、平成3年7月に開園しました。藤田記念庭園( […]

コメントなし



弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

人には色んな見方がある

人にはいろんな見方があります。 偏見を持つのはやめた方がいい。 人を傷つけてはいけない。 正しいと思う心が危ない。 人は皆ほぼ、自分が正しいと思って暮らしています。 大切な人を大切にしたい。 立場の弱い人にやさしくなりた […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    初冬の岩木山

    次の記事

    カツ鍋焼きうどん