ニリンソウ

ニリンソウ、二輪草。キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸び、和名の由来となっています。花言葉は「友情」「協力」「ずっと離れない」

二輪草

花言葉の「友情」「協力」「ずっと離れない」は、ひとつ茎に仲よく2輪の花を咲かせることにちなみます。








チューリップ

弘前大学農学生命科学部附属生物共生教育研究センタ-藤崎農場にて、リンゴとチューリップのフェスティバルが開催されました。 チューリップの花言葉は「思いやり」です。 農場実習で学生が植え付けた15種10,000球のチューリッ […]

コメントなし

パンジー

パンジーはスミレ科スミレ属の小型の園芸植物でます。 パンジーは寒さに強く、冬から春にかけて開花する一年草です。 パンジーの花言葉は「思いやり」「優しさ」「恋の魔力」です。 コンクリートの隙間に、何故かパンジーが咲いていま […]

コメントなし

座禅草(ざぜんそう)

青森県弘前市大字常盤野字湯段萢、常盤野農村公園(ミズバショウ沼公園)。 座禅草(ざぜんそう)は、僧侶が座禅を組む姿に見えることが、名称の由来とされています。 花言葉は「ひっそりと待つ」「沈黙の愛」です 座禅草(ザゼンソウ […]

シクラメン

シクラメンは、花の少ない冬に多くの花を咲かせてくれる球根植物です。 シクラメンの花言葉は遠慮、気後、内気、はにかみ です。 シクラメンは、冬に咲く花として人気のある植物です。赤やピンク、白などの色や、八重咲きやロココ咲き […]

コメントなし

ユキゲユリ

ユキゲユリは、チオノドクサという花の和名です。 チオノドクサは、キジカクシ科(クサスギカズラ科)の多年草で、雪解けの頃に青や紫色の星形の花を咲かせます。 花言葉は、栄光、仲間思い、たくましさ、奥ゆかしい」です。日本ではユ […]




今日はどこで、ランチ・・・。

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。

今日はどこで、ランチ・・・。

気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。

ゆるく生きよう!

ゆるく生きるとは、 自分に対して厳しくしないことです。 そうすれば、人にも厳しくなることは少なくなります。 多少の無理をしてもなんとかなった若いころとは違い、40歳以降ともなると体力は衰えてきます。 さらに高齢期になれば […]

コメントなし

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    菜の花(ナノハナ)

    次の記事

    ルピナス