クマザサ

クマザサはイネ科ササ属の植物で、日本の高山や北海道の山野に自生しています。

葉の縁に白い隈取りがあるのが特徴で、観賞用や食用、薬用に利用されてきました。

クマザサには葉緑素や多糖類、ビタミンやミネラルなどの成分が含まれており、抗菌作用や免疫力向上、血圧の安定、貧血の予防などの効果が期待できます。

クマザサは10年に1度ぐらい花を咲かせ、稲穂のような実をつけます。

昔は凶作の年にこの実を食べて飢えをしのいだという話もあります。

クマザサの花言葉は、「抱擁」「孤高」「美人」「化粧」などです。

クマザサ







オオベンケイソウ

オオベンケイソウは、中国東北部から朝鮮半島が原産の植物で、多肉質の多年草です。 別名イキグサと呼ばれることもあります。 高さ30~50㎝になり、3枚の葉が茎を取り囲んでつきます。 オオベンケイソウは、小さな花をたくさん咲 […]

コメントなし

マリーゴールド

マリーゴールドは、キク科コウオウソウ属の植物の総称で、黄色やオレンジ色などの鮮やかな花を咲かせます。 一年草が多いですが、多年草や亜灌木もあります。 メキシコ原産で、日本には江戸時代に渡来しました。 マリーゴールドの花言 […]

コメントなし

サクラの切り花

サクラは、バラ科の落葉広葉樹の総称で、白色や紅色の美しい花を咲かせます。 サクラの花は古くから文化や歴史に深く関わっており、花見などの風習があります。 サクラの花言葉は「精神の美」「優美な女性」などです。

コメントなし

クレマチス

クレマチスには、たくさんの種類や品種があります。 一般的には咲き方や花の色、花の形で分類されます。 咲き方では、旧枝咲き、新枝咲き、新旧枝咲きの3つに分けられます。 クレマチスの花言葉は、一般的には「精神の美」「旅人の喜 […]

コメントなし

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲは、ユリ科の一日花で、朝に開花すると夕方にはしぼんでしまいます。 黄色やオレンジ色のラッパ状の花を咲かせ、茎の先に6~8個ほどの蕾をつけます。 花びらは6枚ですが、うち3枚はガクが変化したものです。 花期は […]

コメントなし



今日はどこで、ランチ・・・。

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。

今日はどこで、ランチ・・・。

気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。

九牛の一毛(きゅうぎゅうのいちもう)とは

九牛の一毛(きゅうぎゅうのいちもう)とは、「多くの牛の中の一本の毛」のことで、「多数の中の一部、取るに足らないもの」を意味する故事です。 この言葉の語源は、中国の歴史家である司馬遷が友人の任安に宛てた手紙「報任少卿書」に […]

コメントなし

弘前城天守

弘前城天守は、 国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されています。 弘前城は、1590年に津軽地方を統一した大浦為信が築城を開始し、1611年に2代目藩主信枚が完成させました。 当時は5層の天守があ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ドウダンツツジ

    次の記事

    ラーメンライス