ザクロ

ザクロは、ミソハギ科ザクロ属の落葉小高木で、その赤い果実が食用になります。

ザクロは西南アジアや中東が原産地とされ、古くから栽培されてきました。

日本には平安時代に渡来し、庭木や観賞用にも利用されています。

ザクロの旬は秋で、9月から11月にかけて出回ります。

ザクロの果実は皮を剥いて中の粒を食べたり、ジュースやジャムなどに加工したりして楽しめます。

ザクロの花も美しく、赤や白などの色があります。

ザクロの花言葉は、「成熟した魅力」「高貴な人格」「豊かな愛情」などです。

ザクロ



ザクロ







ドウダンツツジ

ドウダンツツジは、ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木で、日本や台湾に自生しています。 春に白やピンクの小さな花を鈴なりに咲かせ、秋には真っ赤に紅葉するのが特徴です。 生け垣や庭木として人気があり、切り花としても利用されま […]

コメントなし

ハルジオン

ハルジオンは、キク科ムカシヨモギ属の多年草で、北アメリカ原産の帰化植物です。 ハルジオンの花言葉は「追想の愛」です。 ハルジオンの蕾は下を向いて垂れているように見える様子が、花言葉の由来とされています。 春に白やピンクの […]

コメントなし

サトザクラ(里桜)

サトザクラ(里桜)は、広義ではバラ科サクラ属のサクラの栽培品種の総称です。 狭義ではオオシマザクラを基に誕生した栽培品種の品種群のことです。 サトザクラは人が住んでいる場所に植えられていることから、その名がつきました。

コメントなし

イヌサフラン

イヌサフランとは、イヌサフラン科の植物で、秋にサフランに似た花を咲かせることで知られています。 イヌサフランはサフランとは全く別の植物で、毒性があります。 イヌサフランの球根や種子にはコルヒチンという物質が含まれており、 […]

コメントなし

オダマキ

オダマキは、キンポウゲ科オダマキ属の多年草で、北半球の温帯に約70種が分布しています。 日本では、ミヤマオダマキとヤマオダマキの2種が自生しています。 花は4月から7月にかけて咲き、白や赤、黄色、ピンクなど様々な色があり […]

コメントなし


青森県弘前市銅屋町、最勝院五重塔。

国の重要文化財指定の五重塔としては日本最北端に位置。

寛文7年(1667年)に完成した旧大円寺の塔で、総高31.2メートルである。

津軽藩3代藩主津軽信義、4代津軽信政の寄進により、前後10年以上をかけて建立されました。

慈潤とは、

慈潤とは、仏教用語で、仏の慈悲と智慧によって衆生を潤すことを意味します。 「阿弥陀如来は、十方の世界に光を放ちて、一切の衆生を慈潤す」という文があります。 慈潤は、棟方志功が書いた墨書の作品です。 「慈しみ、潤す」という […]

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    ホオズキ