ジニア(百日草)、庭

ジニアはキク科の一年草で、百日草とも呼ばれます。

メキシコを中心に南北アメリカに原産し、色や形の豊富な花を長期間咲かせます。

ジニアの花言葉は、「不在の友を思う」「注意を怠るな」です。

 これは、ジニアの開花期間が長いことに由来しています。

時間が経つにつれて会えない人への想いが強くなること、また時間の経過とともに注意力が薄れることを表しています。

ジニア(百日草)







コチョウラン(胡蝶蘭)

コチョウラン(胡蝶蘭)は、東南アジア原産のラン科の植物で、白やピンクなどの美しい花を咲かせます。 コチョウランという名前は、花が胡蝶のように見えることからつけられました。 コチョウランは洋ランとして人気が高く、ギフトや室 […]

コメントなし

チランジア・カプトメデューサエ

チランジア・カプトメデューサエは、エアプランツの一種です。 ギリシャ神話のメデューサのように葉がうねっています。 エアプランツは、土がなくても育つ特性を持っています。 原生地では樹木の幹や岩に着生して生育しており、根はあ […]

コメントなし

シャクヤク、庭

シャクヤクはボタン科ボタン属の多年草で、中国北東部から朝鮮半島、シベリアにかけて原産です。 初夏に大きくて美しい花を咲かせます。 シャクヤクの花言葉は「恥じらい」「はにかみ」「謙遜」です。 白のシャクヤクは「幸せな結婚」 […]

コメントなし

山茶花

サザンカ(山茶花はツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹。花言葉は、困難に打ち克つ、ひたむきさ。ピンクの花は、永遠の愛。

コメントなし

ヒガンバナ(彼岸花)

ヒガンバナ(彼岸花)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、中国大陸が原産地です。 日本には古くから伝わり、秋の彼岸の頃に鮮やかな赤い花を咲かせます。 ヒガンバナ(彼岸花)は、球根で増えます。 花言葉は、「悲しき思い出」 […]

コメントなし


青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。

3つの滝から構成されています。

上流側から高さ42メートルの第一の滝

その200メートル下流に同37メートルの第二の滝

さらに160メートル下流に同26メートルの第三の滝があります。

茅の輪くぐり

茅の輪くぐりは、夏越の祓(なごしのはらえ)という行事の一部で、茅(ちがや)という草で編んだ輪をくぐることで、心身を清めて災厄を祓い、無病息災を祈願するというものです。 茅の輪くぐりの由来は、日本神話にあります。スサノオノ […]

コメントなし

東内門外橋(石橋)、弘前公園

東内門外橋(石橋)は、弘前公園の中にある石造りの橋で、二の丸と三の丸を隔てる中濠に架かっています。 1848年(弘化5年)に土橋から架け替えられたもので、城内では唯一の石造りの橋です。 橋を渡るとすぐに東内門があり、その […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です