アサガオ

アサガオはヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物で、熱帯から亜熱帯地域が原産地です。

日本には奈良時代に中国から渡来し、薬用植物として使われました。

江戸時代には観賞用として品種改良が進み、大輪アサガオや変化咲きアサガオなど多様な形や色の花が生まれました。

アサガオは夏の早朝に咲き、昼になるとしぼみます。

花色には白やピンク、青、紫などがありますが、中でも青い花は「ソライロアサガオ」と呼ばれ、昼を過ぎても咲いています。

花弁の中心から筋状に白い模様が入るものは「曜白アサガオ」と呼ばれます。

花の大きさも巨大輪から小輪まであり、変化に富んでいます。

アサガオの花言葉は「絆」「友達のよしみ」「情事」などがあります。

アサガオ



津軽弁、からっぽねやみ

からっぽねやみとは「怠け者」という意味の津軽弁です。このからぽねやみこの! あなたは私を怠け者だと思っているのですか?

ジニア(百日草)

ジニアはキク科の一年草で、百日草とも呼ばれます。 メキシコを中心に南北アメリカに原産し、色や形の豊富な花を長期間咲かせます。 ジニアの花言葉は、「不在の友を思う」「注意を怠るな」です。  これは、ジニアの開花期間が長いこ […]

コメントなし

ユリ

ユリは、ユリ科ユリ属の植物で、北半球の亜熱帯から亜寒帯にかけて約100種類が分布しています。 花色や形はさまざまで、ユリは4つの亜属に分けられ、日本には15種類の原種が自生しています。 代表的な原種には、ヤマユリ、カノコ […]

コメントなし

セイヨウトラノオ

セイヨウトラノオは、別名ベロニカという名前でも知られる花です。  シソ科の多年草で、青紫色や白色などの花を夏から秋にかけて咲かせます。 花穂は直立しており、虎の尾のように見えることからこの名前がつきました。  花言葉は「 […]

コメントなし

チランジア・カプトメデューサエ

チランジア・カプトメデューサエは、エアプランツの一種です。 ギリシャ神話のメデューサのように葉がうねっています。 エアプランツは、土がなくても育つ特性を持っています。 原生地では樹木の幹や岩に着生して生育しており、根はあ […]

コメントなし

白菜

白菜はアブラナ科の野菜で、中国が原産地です。 白菜は冬の野菜として人気があり、鍋料理や漬け物などによく使われます。 白菜にはビタミンCやカリウムなどの栄養素が豊富に含まれており、低カロリーでヘルシーな食材です。 白菜の花 […]

コメントなし


津軽地方には古くから、生まれ年の干支を一代様とする信仰があります。

たとえば、

十二支1番目の子年の多賀神社 守り本尊:千手観音菩薩様 呼称:目屋の清水観音様 場所:弘前市桜庭清水流104

自分の十二支を捜してみよう!

小さいことを積み重ねること

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。 イチロー選手の言葉です。 すごく重みがあります。 夢を掴むことというのは一気には出来ません。 小さなことを積み重ねることでいつの日か信 […]

コメントなし

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、弘前公園

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、櫓の名前は、天守から見た方角を12支で示したもので、未申は南西に当たります。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    コボウズオトギリ、庭

    次の記事

    ヒスイラン(翡翠蘭)