ボケ、木瓜。バラ科ボケ属の落葉低木。日本に自生するボケは、クサボケといわれる同属の植物。春に赤や白の花を咲かせる花木で、平安時代の頃から日本人に親しまれています。

花言葉は、先駆者、指導者、平凡、退屈、早熟、熱情、魅感的な恋、妖精の輝きです。「先駆者」という花言葉は、織田信長が家紋としてボケを用いていたことに由来しているとされています

ボケ



弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

リフィーディング症候群とは

リフィーディング症候群とは、長期的な低栄養状態から急激に栄養補給を行うと起こる代謝性の合併症です。 水分や電解質の分布異常により、心不全や呼吸不全などの重篤な症状を引き起こすことがあります。 リフィーディング症候群の予防 […]

コメントなし

弘前城天守

弘前城天守は、 国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されています。 弘前城は、1590年に津軽地方を統一した大浦為信が築城を開始し、1611年に2代目藩主信枚が完成させました。 当時は5層の天守があ […]

コメントなし