じゃがいも

じゃがいもは、ナス科ナス属の植物で、根菜ではなく、「塊茎(かいけい)」と呼ばれる地下の茎へ養分を蓄えた芋です。

南アメリカのアンデス山脈が原産で、世界中の温帯地域で広く栽培されています。

じゃがいもはデンプンが多く含まれる主食としても使われるほか、ビタミンCやカリウムなどの栄養素も豊富に含んでいます。

じゃがいもの花言葉は、「慈愛」「恩恵」「慈善」「情け深い」です。

これらの花言葉の由来は、じゃがいもが過去に多くの国で飢餓から救った実績があるからだと言われています。

じゃがいも

じゃがいも

津軽弁、やぱはまり

やぱはまりとは、何にでもすぐに首を突っ込む人という意味の津軽弁です。 あなたはやぱはまりなタイプですか? かもしれません。

コメントなし

りんごの花

りんごの花は、バラ科リンゴ属の落葉高木の花です。春に白や薄紅色の花が咲きます。 りんごの花言葉は、一般的には「名声」「選ばれた恋」「純粋」「生きる喜び」「愛」「豊穣」などの意味があります。 りんごの花は、芽から5~6つが […]

コメントなし

ヤマアジサイ

ヤマアジサイは、アジサイ科アジサイ属の落葉低木で、日本の山野に自生しています。 花は装飾花と真花からなり、土の酸度によって青や赤など様々な色に変化します。 ヤマアジサイの花言葉は、「乙女の愛」「切実な愛」です。

コメントなし

カツラ、黄葉

カツラは、カツラ科カツラ属の落葉高木で、日本や中国、朝鮮半島に分布しています。 ハート形の葉が特徴的で、秋に黄葉して落葉した葉は甘い香りを放ちます。 樹形の美しさから庭木や街路樹にされるほか、材から家具や碁盤などが作られ […]

コメントなし

皐月(さつき)

皐月(さつき)はツツジ科ツツジ属の植物で、旧暦の5月に咲くことからその名がつきました。 色は一般的には朱赤色ですが、白色やピンク色など様々な種類があります。 花言葉は、一般的には「節制」「節度」「慎み深さ」などがあります […]

コメントなし

まるばまんさく

早春に咲くことから「まず咲く」「真っ先」が変化しまんさくという名前になったいう説もあります。とにかく、雪があるうちに咲きだします。マルバマンサクは北海道から日本海側、鳥取県まで分布する落葉低木で、多雪地帯に適応している。

コメントなし


青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。

3つの滝から構成されています。

上流側から高さ42メートルの第一の滝

その200メートル下流に同37メートルの第二の滝

さらに160メートル下流に同26メートルの第三の滝があります。

人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり

人々は城であり、人々は石垣であり、人々は堀である。 情けは味方であり、仇は敵である。 この古い諺は、人々の関係性と感情について深い洞察を提供しています。 城は防御のために築かれ、石垣は城を支え、堀は城を守る役割を果たしま […]

コメントなし

杉の大橋、弘前公園

杉の大橋は、弘前公園内にある橋の一つで、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かっています。 築城当時はスギ材で作られた架け橋で、戦時には敵の侵入を防ぐために壊される仕組みになっていました。 1821年(文政4年)にヒノキ材によ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    道草

    次の記事

    ウスベニアオイ