生誕120年棟方志功展

青森県青森市大字安田近野185、青森県立美術館、生誕120年棟方志功展。

棟方志功展は、版画家・棟方志功の生誕120年を記念して開催される大規模な回顧展です。

棟方志功は「世界のムナカタ」として国際的な評価を得た芸術家で、板画、倭画、油彩画など様々な分野で活躍しました。

棟方志功展では、棟方志功が暮らした青森、東京、富山の三つの地域との関わりを軸に、約300点の作品や資料を展示し、棟方志功の多岐にわたる活動を紹介します。

棟方志功展は、富山県美術館で2023年3月18日から5月21日まで、青森県立美術館で2023年7月29日から9月24日まで、東京国立近代美術館で2023年10月6日から12月3日まで開催されます。

棟方志功展

棟方志功は、1903年に青森県の貧しい農家に生まれた版画家です。

幼い頃から絵を描くことが好きで、東京の美術学校に進学しましたが、経済的な理由で中退しました。

その後、自ら板画の技法を研究し、独自のスタイルを確立しました。

棟方志功は、日本の伝統的な文化や民俗芸能、仏教や神話などを題材にした作品を多く制作しました。

また、戦争や社会問題にも関心を持ち、反戦や平和を訴える作品もあります。

棟方志功は、「世界のムナカタ」として国際的な評価を得て、日本の板画界に大きな影響を与えました。



棟方志功展

棟方志功は、生涯に約5000点もの作品を残しましたが、その中でも特に有名なものは、『大和し美し版画巻』や『善知鳥版画巻』などの版画巻です。

これらの作品は、長さ数メートルから数十メートルにも及ぶ巨大な作品で、詩や物語を板画で表現したものです。



棟方志功展

棟方志功は、これらの作品を「自分の人生そのもの」と語っており、彼の思想や感情が込められています。

棟方志功は、1989年に86歳で亡くなりましたが、作品や資料が保存・展示されている記念館が各地に設立されました。







MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界

青森県青森市新町2-2-11、東奥日報新町ビル3階 New’sホール、MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界 。2021年10月16日(土)~11月28日(日)

コメントなし

二の丸丑寅櫓、弘前公園

青森県弘前市、二の丸丑寅櫓(にのまるうしとらやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸丑寅櫓は、二の丸の北東を守るために […]

コメントなし

最勝院五重塔

青森県弘前市銅屋町、最勝院五重塔。国の重要文化財指定の五重塔としては日本最北端に位置。 寛文7年(1667年)に完成した旧大円寺の塔で、総高31.2メートルである。 津軽藩3代藩主津軽信義、4代津軽信政の寄進により、前後 […]

コメントなし

久渡寺、津軽三十三観音霊場第1番札所

青森県弘前市坂元字山元1、久渡寺。津軽三十三観音霊場第1番札所で、最勝院や百沢寺(現 求聞寺)、橋雲寺、国上寺とともに津軽真言五山の一つです。 久渡寺は、真言宗智山派の寺院です。 山号は護国山、院号は観音院です。 本尊は […]

コメントなし

沼田面松斎像

 青森県弘前市新町247、誓願寺内、沼田面松斎(ぬまためんしょうさい)像。誓願寺は、浄土宗のお寺です。 誓願寺には、津軽為信公の家臣であり、軍師と呼ばれた沼田面松斎のお墓があります。 沼田面松斎は初代藩主・津軽為信公の軍 […]

コメントなし


ラーメン、中華そば巡り!

青森県弘前市、津軽一円を巡ります!

まだまだ行ったことのない、お店があります。

ナイトライダーとは

ナイトライダー(Knight Rider)は、アメリカのテレビドラマです。 このドラマは、私立探偵機関の調査員であるマイケル・ナイトが、人間の言葉を話す特殊装備を搭載したドリーム・カー『ナイト2000』と共にさまざまな事 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    マタニ (Matani)

    次の記事

    ヒメヒマワリ