黒石城址石碑

青森県黒石市内町62、御幸公園内、黒石城址石碑。

黒石城址は、青森県黒石市にある古代の城跡です。

鎌倉時代末期に工藤氏によって築かれたと推定されています。

その後、津軽氏の支配下に入り、津軽為信が隠居城として使用したと言われています。

江戸時代には、弘前藩から分知された黒石津軽家の陣屋が置かれました。

文化6年(1809年)には、黒石藩として立藩しましたが、明治維新後に廃藩となりました。

現在の城址は、浅瀬石川の洪水や開拓で破壊されたため、遺構はほとんど残っていません。

黒石城址



黒石藩の陣屋は、青森県黒石市にあった城跡です。

別名、黒石城や烏城とも呼ばれています。

弘前藩から分知された旗本黒石津軽家の居館でした。

1656年に津軽信英によって築かれ、1809年には1万石を領して大名となりました。

しかし、1871年の廃藩置県で廃城となりました。

現在の陣屋跡は、市民文化会館や中央スポーツ館の敷地などとなっています。

馬場跡は御幸公園として整備されています。

遺構はほとんど残っていませんが、空堀跡がわずかに残っています。

黒石城址







最勝院五重塔

青森県弘前市大字銅屋町63、五重塔。 最勝院(さいしょういん)は、る真言宗智山派の寺院。 山号は金剛山、寺号は光明寺。 五重塔は重要文化財に指定されているものとしては日本最北に位置しています。 寛文7年(1667年)に完 […]

コメントなし

クジャクガシワの碑

青森県平川市猿賀、猿賀公園内、クジャクガシワの碑。 孔雀柏は、日本の扁柏の栽培変種で、非常に珍しい木です。 その名前は、葉の形が孔雀の飾り羽に似ていることからつけられました。 孔雀柏は、京都周辺の温暖な地域に少数生育して […]

コメントなし

宇都野研歌碑

青森県弘前市、弘前公園内、宇都野研歌碑。 行く道の空にさくらのちりみだれ 覚めて見る夢の如きひととき 宇都野研は、小児科医で歌人でした。 昭和33年に建立された歌碑には、彼の歌が刻まれています。 「行く道の空にさくらのち […]

コメントなし

二の丸辰巳櫓(にのまるたつみやぐら)

青森県弘前市、弘前公園、二の丸辰巳櫓。 二の丸辰巳櫓(にのまるたつみやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸辰巳櫓は、 […]

コメントなし

弘前城石垣普請

青森県弘前市下白銀町、弘前城。 弘前城は、江戸時代に建てられました。 弘前城の石垣普請は、2021年6月23日から本格始動し、令和5年度にかけて石垣の積み直し工事が行われています。

コメントなし


ラーメン、中華そば巡り!

青森県弘前市、津軽一円を巡ります!

まだまだ行ったことのない、お店があります。

行雲流水とは

行雲流水(こううんりゅうすい)とは、空に浮かび流れる雲や、流れる水のように、物事に執着せずに自然の成り行きに任せて行動することのたとえです。 また、一定の形を持たずに自然に移り変わってよどみがないことのたとえでもあります […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    中華そば、細麺

    次の記事

    筋雲と岩木山