サルビア

サルビアはシソ科の植物で、赤や白、紫など色とりどりの花を咲かせます。

初夏から秋まで長く開花するので、花壇や寄せ植えに人気があります。

サルビアはブラジル原産で非耐寒性なので、冬越しは難しいですが、宿根性の品種もあります。

サルビアには数百品種もあり、ハーブや薬用植物としても利用されます。

サルビアの花言葉は、色によって異なりますが、全般的には「尊敬」「知恵」「良い家庭」「家族愛」という意味があります。

サルビア



サルビア







ヒマワリモドキ、庭

ヒマワリモドキは、キク科の多年草で、北アメリカに自生する植物です。 太陽の花つまりヒマワリによく似たという意味です。 草丈は1mくらいで、7月から9月頃に直径7cmくらいの黄色い花を咲かせます。 花言葉は「憧れ」「崇拝」 […]

コメントなし

ねぎの花

ねぎの花は、ネギ亜科の植物によく見られる聚繖花序のことです。 一つ一つの花は非常に小さく、6枚の花弁を持ちます。 約300個もの花が集まって丸い形をしており、ネギ坊主と呼ばれます。白 花言葉は「笑顔」「ほほえみ」「愛嬌」 […]

コメントなし

子福桜(コブクザクラ)

子福桜(コブクザクラ)は、サクラの園芸品種の一つで、白い八重咲きの花を咲かせます。 1つの花につき1~3個のサクランボがなることがあり、これを子宝に恵まれたものとして名付けられました。 子福桜(コブクザクラ)の花言葉は、 […]

コメントなし

ライラック

ライラックとは、モクセイ科ハシドイ属の落葉性高木で、紫色や白色などの花を咲かせる植物です。 花言葉は「思い出」「謙虚」「友情」などがあります。 ライラックは英語で、フランス語ではリラと呼ばれます。

コメントなし

駒繋(コマツナギ)

駒繋(コマツナギ)は、夏にピンク色の花を咲かせる、マメ科の山野草。その名前の由来は、根が地中深く入って、馬(駒)を繋げるほど丈夫なところからきています。 駒繋(コマツナギ)の花言葉は、「希望を叶える」です。由来は、ひとつ […]

コメントなし


花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。

慧眼(けいがん)とは

慧眼(けいがん)とは、「物事の本質を鋭く見抜く力」のことを指します。 仏教用語では、「えげん」とも読み、一切の事物を空であると見通す智慧の目を意味します。 類語には「先見の明」や「洞察力」などがあります。 対義語には「節 […]

コメントなし

二の丸辰巳櫓(にのまるたつみやぐら)、弘前公園

青森県弘前市、弘前公園、二の丸辰巳櫓。 二の丸辰巳櫓(にのまるたつみやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸辰巳櫓は、 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    土屋御番所

    次の記事

    ブッソウゲ