ヒマワリ、庭の片隅

ヒマワリはキク科の一年草で、原産地は北アメリカです。

黄色い大きな花を咲かせるのが特徴で、種は食用や油糧として利用されます。

花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめている」「愛慕」「熱愛」などがあります。

ひまわり







イソギク

イソギクは、日本固有種のキク科キク属の多年草で、海岸の崖や岩場などに自生する海浜植物です。 花は黄色で小さく、花弁のような舌状花がありません。 葉は厚くて白い縁取りがありります。 イソギクは乾燥に強く、病害虫にもあまり侵 […]

コメントなし

ホオズキ

ホオズキは、ナス科ホオズキ属の一年草または多年草で、淡い黄色の花を咲かせた後に赤くふくらんだ萼(がく)で果実を包みます。 ホオズキの花言葉は、「偽り」「ごまかし」です。

コメントなし

薔薇の花

バラには、多くの品種があります。 バラの品種には、大きく分けて、木立ち性のブッシュ・ローズ、半つる性のシュラブ・ローズ、つる性のつるバラの3タイプと、ミニバラがあります。 また、品種によって花の色や形、香りなどが異なりま […]

コメントなし

インゲンマメ

インゲンマメは、マメ科の一年草で、中央アメリカが原産の野菜です。 インゲンマメには、つるあり種とつるなし種があり、さらに色や形、大きさなどで多くの品種があります。 インゲンマメの花言葉は、「豊かさ」、「必ず来る幸福」、「 […]

コメントなし

チランジア・カプトメデューサエ

チランジア・カプトメデューサエは、エアプランツの一種です。 ギリシャ神話のメデューサのように葉がうねっています。 エアプランツは、土がなくても育つ特性を持っています。 原生地では樹木の幹や岩に着生して生育しており、根はあ […]

コメントなし


青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。

3つの滝から構成されています。

上流側から高さ42メートルの第一の滝

その200メートル下流に同37メートルの第二の滝

さらに160メートル下流に同26メートルの第三の滝があります。

慧眼(けいがん)とは

慧眼(けいがん)とは、「物事の本質を鋭く見抜く力」のことを指します。 仏教用語では、「えげん」とも読み、一切の事物を空であると見通す智慧の目を意味します。 類語には「先見の明」や「洞察力」などがあります。 対義語には「節 […]

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    コスモス

    次の記事

    黒法師