ストケシア

ストケシアは、キク科ストケシア属で、ルリギクやエドムラサキとも呼ばれています。

原産地は北アメリカ南西部で、暑さや寒さに強い多年草です。

初夏から秋にかけて、青紫や赤紫、ピンク、白、黄などの色の花を咲かせます。

花言葉は「清楚な娘」「清らかな乙女」「追憶」「追想」「たくましさ」などです。

ストケシア






オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲは、モクレン科モクレン属の落葉低木の一種です。 5~7月に白い花を咲かせますが、花弁のように見えるのは外側の3枚は萼片で、内側の6枚が花弁です。 葉は卵形で裏面に白い毛が生えています。 オオヤマレンゲの花言 […]

コメントなし

コスモス、食彩テラス

コスモスはキク科の植物です。 色や形がさまざまな品種がありますが、一般的にはオオハルシャギクと呼ばれるピンクや白の花が有名です。 コスモスの名前はギリシャ語の「秩序」や「調和」を意味する言葉からきています。 コスモスの花 […]

コメントなし

セイヨウナシ

セイヨウナシは、ヨーロッパ原産のバラ科ナシ属の植物およびその果実です。 別名は洋なしです。 セイヨウナシの花言葉は、「愛情」です。 花は日差しによって開閉する運動をします。 地下には鱗茎があり、デンプンを含んでいます。か […]

コメントなし

ヒメザクラ

ヒメザクラの原産は中国ですが、ヨーロッパに渡った後日本に入ってきました。 全体に白い粉がつくことから化粧桜とも呼ばれています。 長期間様々な色の花が咲くため、花壇に植える人気の植物です。

コメントなし

シャクナゲ

シャクナゲは、ツツジ科ツツジ属の植物の総称です。 シャクナゲは、日本にも多くの種類が自生していますが、その多くは変種であり、種のレベルでは4種または6種に集約されます。 シャクナゲの花言葉は「威厳」「荘厳」「危険」です。 […]

コメントなし


津軽地方には古くから、生まれ年の干支を一代様とする信仰があります。

たとえば、

十二支1番目の子年の多賀神社 守り本尊:千手観音菩薩様 呼称:目屋の清水観音様 場所:弘前市桜庭清水流104

自分の十二支を捜してみよう!

知識は力なり

知識は力なりは、16世紀から17世紀にかけてのイギリスの哲学者フランシス・ベーコンが主張した格言です。 この格言は、ベーコンが提唱した経験論という思想と関係しています。 経験論とは、人間の知識は観察や実験によって得られる […]

コメントなし

二の丸辰巳櫓(にのまるたつみやぐら)、弘前公園

青森県弘前市、弘前公園、二の丸辰巳櫓。 二の丸辰巳櫓(にのまるたつみやぐら)は、弘前公園にある弘前城の櫓(やぐら)の一つです。 櫓とは、城郭に取りつく敵への攻撃や物見のために造られた塔のような建物です。 二の丸辰巳櫓は、 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です