シモツケ

シモツケは、バラ科シモツケ属の落葉低木で、日本、中国、朝鮮半島に分布しています。

5月から8月にかけて、小さなピンクや白の花を多数咲かせます。

耐寒性や耐暑性が強く、育てやすい植物です。

シモツケの花言葉は、「はかなさ」「無駄」「無益」などがあります。

これらの花言葉は、シモツケの花姿や中国の伝説に由来しています。

シモツケの花色によっても花言葉が異なる場合があります。

白いシモツケは「整然とした愛」、ピンクのシモツケは「儚さ」、赤いシモツケは「努力」という花言葉があります。

シモツケ

中国の伝説とは、シモツケの花言葉「無駄」「無益」に関係するものです。

シモツケの中国名は「繍線菊(シュクセンギク)」といい、これはある少女の名前に由来します。

その少女は繍線(シュクセン)といい、父が敵に捕らえられたと聞いて、男装して敵地に潜入しました。

しかし、父はすでに亡くなっており、墓のそばに咲いていた花を手にして故郷に帰りました。

その花を父の供養として庭に植えたところ、数年後に美しく咲いたのです。

人々はその花を繍線菊と呼ぶようになりました。

この伝説から、シモツケの花言葉は「無駄」「無益」とされるようになりましたが、それは少女が父を救えなかったことだけでなく、戦争そのものが無駄で無益だったことを示しています。



津軽弁、けね

けねとは、津軽弁で大丈夫のことを言います。 けねとは、津軽弁で食べられないことを言います。 けねとは、津軽弁でやせている人のことを言います。 発音の仕方で意味がかわります。 けね私は、あまりけねけど、けね、けね。 痩せて […]

コメントなし

イヌサフラン

イヌサフランとは、イヌサフラン科の植物で、秋にサフランに似た花を咲かせることで知られています。 イヌサフランはサフランとは全く別の植物で、毒性があります。 イヌサフランの球根や種子にはコルヒチンという物質が含まれており、 […]

コメントなし

シベリアザクラ

シベリアザクラというのは、オヒョウモモとも呼ばれるバラ科の落葉低木です。 花言葉は「愛情」「優美」「清楚」などです。 中国北部原産で、日本では北海道に多く分布しています。 早春にピンク色の八重咲きの花をたくさん咲かせるの […]

コメントなし

オオヤマレンゲ

オオヤマレンゲは、モクレン科モクレン属の落葉低木の一種です。 5~7月に白い花を咲かせますが、花弁のように見えるのは外側の3枚は萼片で、内側の6枚が花弁です。 葉は卵形で裏面に白い毛が生えています。 オオヤマレンゲの花言 […]

コメントなし

プリムラ・アコーリス

プリムラ・アコーリスは、ヨーロッパやアジアに原産するサクラソウ科の植物です。 プリムラ・アコーリスの花言葉は、「青春の喜びと悲しみ」です。 プリムラが寒い時期に咲き始めて、夏を迎える前に枯れてしまうことから、青春のはかな […]

コメントなし

ベゴニア

ベゴニアは、シュウカイドウ科の植物で、色とりどりの花や独特な葉の形が魅力的です。 ベゴニアには、木立性、根茎性、球根性などの種類があり、それぞれ育て方や特徴が異なります。 ベゴニアは春から秋まで花を楽しめる美しい植物です […]

コメントなし


岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

岩木山神社(いわきやまじんじゃ)、入り口から参道、楼門、拝殿、本殿。

そして奥の院は岩木山山頂にあります。

津軽富士とも呼ばれる美しい岩木山のふもとにある神社で、創建約1,200余年の歴史を持っています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ヤマアジサイ

    次の記事

    じゃがいもの花