ミヤコワスレ、庭の片隅

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色やピンクの花を咲かせる多年草です。

江戸時代から栽培されている山野草で、日本では茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。

ミヤコワスレの花言葉は、「しばしの慰め」「しばしの別れ」「また会う日まで」「優しい心」「穏やかさ」などです。

ミヤコワスレの名は、鎌倉時代に承久の乱に敗れた順徳天皇が北条家によって佐渡島に流された際に、この花を見て心を慰め、都恋しさを忘れたとの伝承によると言われています。

ミヤコワスレ、庭の片隅

ミヤコワスレは「ミヤナヨメナ」という植物から改良された園芸品種で、「ミヤマヨメナ」の日本産園芸品種とも呼ばれます。

4月〜6月の開花時期が終わると、葉がロゼット状になります。



津軽弁、めえ

めえとは、美味しいという意味の津軽弁です。すごく美味しい場合は、たんげ、めえとなります。 たんげとは、すごくという意味の津軽弁です。この店のラーメン、めえまたはたんげ、めえ。

サンシュユ(山茱萸)

サンシュユ(山茱萸)は、別名、春黄金花(ハルコガネバナ)、秋珊瑚(アキサンゴ)、山茱萸(ヤマグミ)と呼ばれています。サンシュユの花言葉は「持続」「耐久」「気丈な愛」。花言葉の「持続」「耐久」は、サンシュユの果実が生薬に利 […]

コメントなし

セイヨウクモマグサ

セイヨウクモマグサは、ヨーロッパ原産のユキノシタ科の多年草で、春に小さくて可愛い花を咲かせます。 セイヨウクモマグサの花言葉は、「活力」「自信」「愛らしい告白」「可憐な瞳」、「遠い思い出」などがあります。 セイヨウクモマ […]

コメントなし

ミヤコワスレ、庭

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色やピンクの花を咲かせる多年草です。 江戸時代から栽培されている山野草で、日本では茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。 ミヤコワスレの花言葉は、「しばしの慰 […]

コメントなし

ダリア、園

ダリアはキク科ダリア属の多年草です。 日本には1842年にオランダから長崎に持ち込まれました。 ダリアは花の大きさ、咲き方、花色が非常に豊富で、バラやチューリップと並んで最も花色のバラエティーに富んだ植物です。 ダリアの […]

コメントなし

コモチレンゲ

コモチレンゲは、バラの花が連なったような葉が特徴の植物で、別名を「礼文岩蓮華(レブンイワレンゲ)」と言います。 秋口には塔のように花穂が伸びて白い花を咲かせます。 原産地は北海道で、主に関東より東側に自生する「イワレンゲ […]

コメントなし


最新の投稿をカテゴリー別に閲覧できればということを考えてみました。

ラーメン、中華料理、和食、洋食など。

まとめて見ることができれば、超便利!

至誠(しせい)の人に

交際の奥の手は至誠(しせい)である。 理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。 至誠は、これ以上ないほどに誠実であることを意味します。 また、その心やまごころとも言います。 孔子の「中庸」に「至誠之道、可以無成 […]

コメントなし

杉の大橋、弘前公園

杉の大橋は、弘前公園内にある橋の一つで、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かっています。 築城当時はスギ材で作られた架け橋で、戦時には敵の侵入を防ぐために壊される仕組みになっていました。 1821年(文政4年)にヒノキ材によ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    オーニソガラム

    次の記事

    オダマキ