オダマキ

オダマキは、キンポウゲ科オダマキ属の多年草で、北半球の温帯に約70種が分布しています。

日本では、ミヤマオダマキとヤマオダマキの2種が自生しています。

花は4月から7月にかけて咲き、白や赤、黄色、ピンクなど様々な色があります。

花びらは後ろ向きに伸びており、中心にある萼が目立ちます。

花言葉は「暗愚」「愚か者」「勝利の誓い」などです。

オダマキ




津軽弁、へば

へばは、それではという意味の津軽弁です。 へば明日また来ます。 じゃあな、明日またきます。

コメントなし



グラジオラス

グラジオラスは、アヤメ科の球根植物で、色とりどりの美しい花を咲かせます。 グラジオラスの名前は、ラテン語で「剣」を意味するgladiusに由来し、葉が剣のように尖っていることからつけられました。 グラジオラスの花言葉は、 […]

コメントなし

スイカ

庭の畑のスイカを収穫しました。 小玉スイカ、良い出来でした。 スイカは、ウリ科・スイカ属のツル性の植物で、黄色い花を咲かせます。 雄花と雌花があり、授粉すると丸い実ができます。 雌花と雄花の違いは、花の付け根に膨らみがあ […]

コメントなし

トマト

トマトは、南アメリカのアンデス山脈高原地帯原産のナス科ナス属の植物で、その果実を食用にします。 トマトの花言葉は「完成美」と「感謝」です。 トマトの果実は真ん丸で艶がありまるでルビーのように美しいことから、「完成美」とい […]

コメントなし

ヤマハギ(山萩)

ヤマハギ(山萩)は、マメ科ハギ属の落葉低木です。 紅紫色の小さな蝶形の花を咲かせ、クローバーのような葉を持ちます。 日本全国の山野に自生しており、観賞用に庭木や鉢植えとしても育てられます。 花言葉は「思案」「内気」です。

コメントなし

アスター、庭

アスターは、キク科の一年草で、中国原産の植物です。 エゾギクやサツマギクとも呼ばれます。 花色が豊富で、赤・白・黄・紫などの色があります。 花の形も品種によってさまざまで、半八重咲きやポンポン咲き、万重咲きなどがあります […]

コメントなし


最新の投稿・ページ、新規・更新すべてを網羅

最新の投稿

最新のページ

新規・更新をチェック!

すべての投稿・ページの新規、更新を網羅して、一覧表示しています。

心を穏やかにさせるには

心を穏やかにさせるには思いやりを持つことが大事である。 一切の私心をはさまずに物事にあたり、人に接するならば、心は穏やかで余裕を持つことができるのだ。 心穏やかに過ごしたいと思うがなかなかです。 といことは、まだ私心があ […]

コメントなし

追手門、弘前公園

追手門とは、弘前公園の正面玄関とも言える城門です。 弘前城の三の丸にあり、二層の櫓門となっています。 全体的に簡素な素木造りで、戦国時代の古い形式を残すものとして珍しいものとされています。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    ミヤコワスレ、庭の片隅

    次の記事

    バラ(薔薇)、庭の片隅