ライラック

ライラックとは、モクセイ科ハシドイ属の落葉性高木で、紫色や白色などの花を咲かせる植物です。

花言葉は「思い出」「謙虚」「友情」などがあります。

ライラックは英語で、フランス語ではリラと呼ばれます。

ライラック



津軽弁、たづ

たづとは、鱈の白子という意味の津軽弁です。 今日は、たづの味噌汁です。 今日は、鱈の白子の味噌汁です。

コメントなし

キク(菊)、園

キク(菊)は、キク科キク属の植物で、秋に美しい花を咲かせます。 菊は中国から日本に伝わり、古典菊や洋菊など多くの品種が作られました。 キク(菊)の花言葉は、「高貴」「高潔」「高尚」です。

コメントなし

ヒガンバナ(彼岸花)

ヒガンバナ(彼岸花)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、中国大陸が原産地です。 日本には古くから伝わり、秋の彼岸の頃に鮮やかな赤い花を咲かせます。 ヒガンバナ(彼岸花)は、球根で増えます。 花言葉は、「悲しき思い出」 […]

コメントなし

マルメロ、猿賀公園

マルメロはバラ科マルメロ属の落葉高木で、中央アジアが原産です。 マルメロは、江戸時代にポルトガルから伝わりました。 花言葉は、幸福、魅惑です。 マルメロはカリンに似ていますが、別属の果物で、皮が硬くて酸味が強いので生食は […]

コメントなし

ナガバユキノシタ

ナガバユキノシタは、ヒマラヤユキノシタ属の常緑多年草です。 ナガバユキノシタの花言葉は、深い愛情です。 この花言葉は、ユキノシタの葉のしぼり汁が子どもに多い中耳炎やひきつけなどにも効果があるとされ、民間薬として用いられた […]

コメントなし

孔雀柏

孔雀柏は、日本の扁柏の栽培変種で、非常に珍しい木です。 その名前は、葉の形が孔雀の飾り羽に似ていることからつけられました。 孔雀柏は、京都周辺の温暖な地域に少数生育しており、東北地方では青森県の平川市にある猿賀神社の境内 […]

コメントなし


津軽地方には古くから、生まれ年の干支を一代様とする信仰があります。

たとえば、

十二支1番目の子年の多賀神社 守り本尊:千手観音菩薩様 呼称:目屋の清水観音様 場所:弘前市桜庭清水流104

自分の十二支を捜してみよう!

四天王とは

四天王とは、仏教において四方を守護する四柱の神々のことです。 四天王の名前は、東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天(毘沙門天)です。 四天王は、須弥山の中腹に住み、仏様や仏法を悪から守ります。 四天王は […]

コメントなし

春陽橋、弘前公園

弘前公園、春陽橋は、西濠を隔て、市街地である五十石町と西の郭に架かる橋です。 1932年に市民の通行の利便性のために架橋されました。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    盛美園(せいびえん)

    次の記事

    チャランドラ、ケララ