ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウは、つる性の多年草または亜低木に分類される植物です。

葉に白や黄色の斑が入る品種が人気で、春から初夏にかけて青や白色の花を咲かせます。

ツルニチニチソウの花言葉は、「楽しき思い出」「幼なじみ」「優しい思い」「生涯の友情」などがあります。

ツルニチニチソウ



グランドカバーやハンギングなどに利用されます。

和名のツルニチニチソウ(蔓日々草)は、花がニチニチソウ(日々草)に似ているつる性の植物という意味からつけられたものです。

また、長い期間毎日のように花が咲く様子とも関係しています。

津軽弁、 わいさでね

わいさでねとは、少しばかりでないという意味の津軽弁です。 あれは、わいさでね。 気をつけないとやばいです。

コメントなし


ツルニチニチソウには毒性があります。

ツルニチニチソウはアルカロイドという成分を含んでいて、この成分には人体に有害な作用があるとされています。

抗がん剤や免疫抑制剤として利用される医薬品の原料になっています。

健康な人がこれらの成分を摂取すると、免疫力の低下や嘔吐などの副作用が起こる可能性があります。

ツルニチニチソウは触れただけでは問題ありません。

カンパニュラ・グロメラータ

カンパニュラ・グロメラータは、キキョウ科の多年草で、ヨーロッパやアジア、日本に分布しています。 日本では熊本県八代市に自生しており、ヤツシロソウとも呼ばれます。 花は鐘形で、紫色や青色、白色などがあります。 花言葉は「誠 […]

コメントなし

ヒヤシンス

ヒヤシンスとは、キジカクシ科・ヒヤシンス属に分類される球根植物です。 草丈は大きいものになると50cmほどで、球根から茎を伸ばして成長します。 花言葉は、悲しみを超えた愛です。 原産地は地中海東部沿岸からイラン、トルクメ […]

コメントなし

秋に咲いたバラ

秋に咲いたバラ、通称「秋バラ」は、四季咲きのバラが秋に咲いたものを指します。 その見頃は10月頃が一般的ですが、管理の仕方次第で時期をある程度調節することもできます。 秋バラは、春とは異なる独特な花色で驚かせてくれたり、 […]

コメントなし

山茶花

サザンカ(山茶花はツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹。花言葉は、困難に打ち克つ、ひたむきさ。ピンクの花は、永遠の愛。

コメントなし

ヒメヒマワリ

ヒメヒマワリは、北アメリカ原産のキク科キクイモモドキ属の宿根草で、属名のヘリオプシスあるいは宿根ヒメヒマワリと呼ばれることもあります。 大変丈夫で、黄色の花がたくさん咲くところから、夏の花壇用によく植えられます。 ヒメヒ […]

コメントなし


日本一長い木の橋として架けられました。全長300メートル、三連太鼓橋です。

鶴の舞橋は平成6年7月8日、廻堰大溜池(津軽富士見湖)に、日本一長い木の橋として架けられました。

全長300メートル、三連太鼓橋です。途中には、大小のステージがあります。

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

異端を攻(おさ)むるは斯(こ)れ害あるのみ

異端を攻(おさ)むるは斯(こ)れ害あるのみ。 自分と異なる考えを持つ人を攻撃しても、害があるばかりだ 自分と違う意見を持つ人こそ、自分を成長させてくれる存在です。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    プリムラ・アコーリス

    次の記事

    ハンカチツリー