マーガレット

マーガレットは、キク科の常緑低木で、カナリア諸島が原産です。

白やピンク、赤、黄色などの色があり、一重咲きや八重咲き、ポンポン咲きなどの種類があります。

花言葉は「恋占い」「真実の愛」「信頼」などがあります。

マーガレット



マーガレットは秋から春にかけて花を咲かせるので、ガーデニングに人気があります。

津軽弁、たづ

たづとは、鱈の白子という意味の津軽弁です。 今日は、たづの味噌汁です。 今日は、鱈の白子の味噌汁です。

コメントなし



フジ

フジは、マメ科フジ属のつる性の落葉木本で、日本の固有種です。 春から初夏にかけて、長い穂状の花序を垂れ下げて咲きます。 花色は紫色が一般的ですが、白やピンクなどの品種もあります。 花には甘い香りがあります。 フジの花言葉 […]

コメントなし

駒繋(コマツナギ)

駒繋(コマツナギ)は、夏にピンク色の花を咲かせる、マメ科の山野草。その名前の由来は、根が地中深く入って、馬(駒)を繋げるほど丈夫なところからきています。 駒繋(コマツナギ)の花言葉は、「希望を叶える」です。由来は、ひとつ […]

コメントなし

かすみ草

かすみ草はナデシコ科の植物で、白やピンクの小さな花をたくさん咲かせます。 花言葉は「純粋な愛」「清らかな心」「感謝」などがあります。

コメントなし

パンジ-

パンジーはスミレ科スミレ属の一年草で、ヨーロッパ原産の花です。 色や形が豊富で、冬から春にかけて咲きます。 パンジーの花言葉は、もの思い、私を思ってという意味があります。これは、パンジーの花が人の顔に似ており、思索にふけ […]

コメントなし

カラナデシコ、庭

カラナデシコは、キク科ナデシコ属の多年草で、中国が原産地です。 別名セキチク(石竹)とも呼ばれます。 平安時代にはすでに日本に渡来していたと考えられています。 花言葉は「愛情の深さ」「優美な心」「清らかな愛」などです。 […]

コメントなし


弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。

弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。

弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。

ディスるとは

対立者をディスるというのは、相手を侮辱したり批判したりすることです。 この言葉は、英語の「disrespect」(軽蔑する)を略したもので、ヒップホップのラップで相手をけなす行為から広まりました。 対立者をディスる人には […]

コメントなし

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    堀越城

    次の記事

    ハナミズキ