ヤマブキ

ヤマブキは、バラ科ヤマブキ属の落葉低木で、北海道から九州まで広く日本に分布しています。

春になると、オレンジ色に近い黄色の花を咲かせます。この花の色が「やまぶき色」の由来になっています。

ヤマブキの花言葉は、「気品」「崇高」「金運」です。

鮮やかな黄色の花が金貨に見立てられたことや、古歌に詠まれたことなどに由来しています。

ヤマブキ



花は一重咲きと八重咲きがあり、白い花を咲かせるシロハナヤマブキという品種もあります。

津軽弁、まんつけ

まんつけとは、全部、丸ごという意味の津軽弁です。 私は、東京に行った時に、カフェで忘れものをしました。 ハンドバックまんつけです。ハンドバックまるごという意味です。 あわててカフェに戻って、ハンドバックまんつけ忘れました […]




オオトリトマ

オオトリトマは、南アフリカ原産のツルボラン科の多年草で、別名トーチリリーとも呼ばれます。 花茎は60cm~1.8mになり、20cm前後の花穂をつけます。 花色は赤から濃いオレンジ、黄色の品種があります。 花は下から順に咲 […]

コメントなし

アワモリショウマ(泡盛升麻)

アワモリショウマ(泡盛升麻)は、ユキノシタ科チダケサシ属の多年草で、日本の中部地方以南の山地の岩場に自生しています。 白い泡のような花が長い花穂に咲きます。 アスチルベという園芸植物は、アワモリショウマの仲間で、ドイツで […]

コメントなし

ナガバユキノシタ、庭

ナガバユキノシタは、ヒマラヤユキノシタ属の常緑多年草です。 ナガバユキノシタの花言葉は、深い愛情です。 この花言葉は、ユキノシタの葉のしぼり汁が子どもに多い中耳炎やひきつけなどにも効果があるとされ、民間薬として用いられた […]

コメントなし

ダリア、庭

ダリアはキク科ダリア属の多年草です。 日本には1842年にオランダから長崎に持ち込まれました。 ダリアは花の大きさ、咲き方、花色が非常に豊富で、バラやチューリップと並んで最も花色のバラエティーに富んだ植物です。 ダリアの […]

コメントなし

アオキ

アオキは、日本を原産とする常緑低木で、日本全国に自生しています。 葉や枝が青々としていることから「青木」と名付けられ、学名は「Aucuba japonica」といいます。 アオキの花言葉は、「若く美しく」「初志貫徹」「変 […]

コメントなし


今日はどこで、ランチ・・・。

サラーリマンの楽しみは何といっても昼食。

今日はどこで、ランチ・・・。

気分次第、仕事がらみもあり、迷いながらも結局ここかという時もあります。

過ぎたるは猶お及ばざるが如し

適当な程度を超えているのは、不足と同じ。中庸が大切であるたとえです。 「過ぎたるは猶お及ばざるが如し」ということわざをあります。これは、適度なことが一番良いという意味です。

コメントなし

弘前城天守

弘前城天守は、 国の重要文化財に指定されています。また城跡は国の史跡に指定されています。 弘前城は、1590年に津軽地方を統一した大浦為信が築城を開始し、1611年に2代目藩主信枚が完成させました。 当時は5層の天守があ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です