コヒガンザクラ

コヒガンザクラは、バラ科サクラ属のサクラの一種で、エドヒガンとマメザクラの雑種と考えられています。

花期は3月中旬から4月上旬で、淡紅色や白色の一重咲きの花を咲かせます。

コヒガンザクラの花言葉は、心の平安や私を忘れないでといったものがあります。

コヒガンザクラは、春の彼岸頃に咲くことからこの名前がついたと言われています。

コヒガンザクラ



花は小ぶりで直径は2~3センチほどです。

枝は細くて柔らかく、垂れ下がるように伸びます。樹高は亜高木で4~6メートルほどになります。

寿命が長く、福島県三春町の三春滝桜は樹齢1000年を超えるコヒガンザクラとして有名です。

津軽弁、あどはだり

あどはだりとは「おかわりする、もう一度ねだる」という意味の津軽弁です。あなたはあどはだりしたいですか?




りんごの花

りんごの花は、バラ科リンゴ属の落葉高木の花です。春に白や薄紅色の花が咲きます。 りんごの花言葉は、一般的には「名声」「選ばれた恋」「純粋」「生きる喜び」「愛」「豊穣」などの意味があります。 りんごの花は、芽から5~6つが […]

コメントなし

コチョウラン(胡蝶蘭)

コチョウラン(胡蝶蘭)は、東南アジア原産のラン科の植物で、白やピンクなどの美しい花を咲かせます。 コチョウランという名前は、花が胡蝶のように見えることからつけられました。 コチョウランは洋ランとして人気が高く、ギフトや室 […]

コメントなし

ミニトマト

ミニトマトは、果実の大きさが20g以下の小さなトマトの総称で、色や形、味などさまざまな種類があります。  ミニトマトは、日当たりと水はけの良い場所で育てると、たくさんの実がなります。  ミニトマトは、糖度や酸味のバランス […]

コメントなし

フィシュゼラニウム

フィシュゼラニウムとは、ゼラニウムの一種で、花弁に魚のような模様があることからその名がついたものです。 フィシュゼラニウムは、ペラルゴニウム・パルティタム(Pelargonium peltatum)という種の変種で、アイ […]

コメントなし

クマザサ

クマザサはイネ科ササ属の植物で、日本の高山や北海道の山野に自生しています。 葉の縁に白い隈取りがあるのが特徴で、観賞用や食用、薬用に利用されてきました。 クマザサには葉緑素や多糖類、ビタミンやミネラルなどの成分が含まれて […]

コメントなし


青森県の最高峰岩木山

岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。

標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。

津軽富士とも呼ばれています。

弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    白糸枝垂れ桜