濃厚魚介豚骨つけ蕎麦

青森県弘前市大字向外瀬字豊田230-5、つけ蕎麦 津桜。

厚魚介豚骨つけ蕎麦、あつもりでいただきました。

厚魚介豚骨つけ蕎麦



食べる前に読むべし。

厚魚介豚骨つけ蕎麦







味噌ラーメンとチャーハンのセット

青森県弘前市新町230 、 山忠 下町店 (やまちゅう)。定休日は、火曜日 。

コメントなし

チャーシュー麺、おのむら

青森県青森市浪岡大字浪岡字佐野31-45、中華そば おのむら。営業時間11:00~14:00、日曜営業。定休日水曜日、木曜日。 営業中です!

コメントなし

中華そばともりそば、一力

青森県弘前市富田3-2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 お蕎麦屋さんの中華そば 中華そばのメニューは、たった2文字の中華。 もりそばを食べてから中華そばです。 超細麺のもりそば

コメントなし

小ラーメンと小チャーハンのセット

青森県弘前市城東北3-1-12、 東家。少し寒くなってきました。鍋焼きうどん、ランチメニュー。

コメントなし

ラーメン、やまや

青森県南津軽郡田舎館村大字前田屋敷東中野56-36、やまや。 メニューは、ラーメンのみです。大盛りもありません。 山忠ソバ屋の看板がありました。

コメントなし

中みそ

青森県弘前市土手町49-1 中三弘前店 B1F、中みそ (【旧店名】 チャイナドール) 、味噌ラーメン

コメントなし

麺屋 ぽっぽら

青森県南津軽郡藤崎町大字常盤字ニ西田39-2 、コミュニティプラザぽっぽら内、麺屋 ぽっぽら。

コメントなし

担々めん

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、中料理みんぱい。 坦々めんとは、中華料理で、辛味を利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理です。

コメントなし

ホルモン焼 胡桃

青森県北津軽郡鶴田町胡桃舘池田37-6、ホルモン焼 胡桃、定休日は日曜日。 ラーメン

コメントなし

麺処 駒繋(コマツナギ)

青森県弘前市野田1-5-1、 麺処 駒繋(コマツナギ)。 醤油ラーメン、あっさり 醤油ラーメン、あっさり 駒繋(コマツナギ)は、夏にピンク色の花を咲かせる、マメ科の山野草。その名前の由来は、根が地中深く入って、馬(駒)を […]

コメントなし

手打ちラーメン

青森県弘前市豊田1-1-2、緑屋。定休日は、水曜日。

コメントなし

中泊トマト海鮮ラーメン

青森県北津軽郡中泊町今泉字唐崎255、しじみ亭 奈良屋。地場産トマトを使って作った自家製トマトスープに、地場産&手作りの「メバルソーセージ」「イカ天かまぼこ」をトッピングした、中泊トマト海鮮ラーメン。

コメントなし

煮干し中華そば、八助

移転した八助。青森県弘前市堀越柳田92-2、八助 (やすけ)、定休日は木曜日。 煮干し中華そば、八助 ミニチャーシュー丼、八助

コメントなし

玉子焼きとラーメン

青森県青森市浪岡浪岡細田107-3、うの食堂。定休日は月曜日。玉子焼きとラーメン。

コメントなし

麺屋 ゴッチ

青森県弘前市桶屋町44-1、麺屋 ゴッチ。 中華そば Mさんからの投稿です。 飲んだ後の〆は、やっぱりラーメンでしょう!

コメントなし

塩らぁ麺、らぁ麺くろ田

青森県弘前市山崎3-5-8、らぁ麺 くろ田、定休日は月曜日。 塩らぁ麺、らぁ麺くろ田 炙り肉めし、らぁ麺くろ田

コメントなし

鍋ラーメン完熟味噌

青森県弘前市浜の町北2-4-1、NABERA 吾麺亭。元の店は、弘前市外崎、なべラーメンたぬき亭で、店名を変えて、移転。 鍋ラーメン完熟味噌 初NABERA です。

コメントなし

まるかいラーメン

青森県青森市安方2-2-16、まるかいラーメン。定休日は日曜日。醤油ラーメン中。

コメントなし

坦々めん、中華料理みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、中華料理みんぱい。 坦々めんとは、中華料理で、辛味を利かせた挽肉やザーサイの細切りなどをのせた麺料理です。

コメントなし

中華そば、三忠食堂本店

青森県弘前市大字和徳町164、三忠食堂本店。定休日は火曜日です。

コメントなし

回る、回る、回る・・・・。

回転鮨には良く行きます。

でも、ひとりではなかなか行けません。

そんな時はこのスライドショーで・・・・・。

でも、お腹は一杯になりません。

逆にお腹が空くかも・・・・・。

学べばすなわち固ならず

「学べばすなわち固ならず」というのは、勉学に励めば視野も広くなり、考え方も柔軟になるので、かたくなに一つの考えにとらわれることもなくなるということです。

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です