ミヤコワスレ

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色や白色の花を咲かせる多年草です。江戸時代から栽培されている山野草で、茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。

ミヤコワスレ

ミヤコワスレは漢字で「都忘れ」と表記されます。鎌倉時代、承久の乱に敗北して島流しにあった順徳天皇が、ミヤコワスレの花を見ながら故郷(都)に思いをはせていたという言い伝えから「都忘れ(ミヤコワスレ)」と名付けられました。
花言葉は、しばしの憩い、しばしの慰め、しばしの別れ、また会う日まで、短い恋。

太宰治文学碑

青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    前の記事

    田植え前の岩木山

    次の記事

    中華そば