ミヤコワスレ

ミヤコワスレは、4月〜6月にかけて紫色や白色の花を咲かせる多年草です。江戸時代から栽培されている山野草で、茶室に生ける「茶花(ちゃばな)」として古くから親しまれています。

ミヤコワスレ

ミヤコワスレは漢字で「都忘れ」と表記されます。鎌倉時代、承久の乱に敗北して島流しにあった順徳天皇が、ミヤコワスレの花を見ながら故郷(都)に思いをはせていたという言い伝えから「都忘れ(ミヤコワスレ)」と名付けられました。
花言葉は、しばしの憩い、しばしの慰め、しばしの別れ、また会う日まで、短い恋。

弘前さくらまつり

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

1916年(大正5年) - 夜桜の見物が大盛況であった。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    田植え前の岩木山

    次の記事

    中華そば