サツキ(皐月)

いただきものの、サツキ(皐月)。ツツジは4月に開花し、サツキは遅れて5月に開花します。

5月に咲くのでサツキ(皐月)。花言葉は、節制です。

花言葉の由来は、サツキが山奥の岩肌などの厳しい環境を好むことからともいわれてます。

さつき









ハナミズキ

ハナミズキは、ミズキ科の落葉樹で、北アメリカ東部からメキシコ北東部が原産です。 日本には1915年にワシントンD.C.から贈られたのが最初とされています。 花言葉は、「私の想いを受けとめてください」「返礼」「永続性」です […]

コメントなし

赤田のアカマツ

青森県北津軽郡板柳町大字赤田字松下、赤田のアカマツ。 赤田には、アカマツという名前の古木があります。 板柳町の指定文化財第八号になっています。 このアカマツは、樹齢約300年、樹高約12.5メートル、幹周囲約3.55メー […]

コメントなし

カタクリ

カタクリは、ユリ科カタクリ属の多年草で、春先に紫色や白色の花を咲かせます。 カタクリの花言葉は、「初恋」「寂しさに耐える」「消極的」「嫉妬」です。 花は日差しによって開閉する運動をします。 地下には鱗茎があり、デンプンを […]

コメントなし

コヒガンザクラ

コヒガンザクラは、バラ科サクラ属のサクラの一種で、エドヒガンとマメザクラの雑種と考えられています。 花期は3月中旬から4月上旬で、淡紅色や白色の一重咲きの花を咲かせます。 コヒガンザクラの花言葉は、心の平安や私を忘れない […]

コメントなし

グラジオラス

グラジオラスは、アヤメ科の球根植物で、色とりどりの美しい花を咲かせます。 グラジオラスの名前は、ラテン語で「剣」を意味するgladiusに由来し、葉が剣のように尖っていることからつけられました。 グラジオラスの花言葉は、 […]

コメントなし

キンシバイ

キンシバイは、オトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑(半落葉)小低木です。 中国原産で、和名は中国名の「金糸梅」に由来します。 5枚の花弁を梅に、長く突き出た雄蕊を金の糸にたとえたものです。 5月から7月にかけて、鮮やかな […]

コメントなし

赤いハナミズキ

ハナミズキは、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木です。 春に白やピンク、赤などの色の花を咲かせます。 日本にはアメリカから桜のお返しとして贈られました。 花言葉は「返礼」「私の想いを受けとめてください」「永続性」「 […]

コメントなし

皐月(さつき)

皐月(さつき)はツツジ科ツツジ属の植物で、旧暦の5月に咲くことからその名がつきました。 色は一般的には朱赤色ですが、白色やピンク色など様々な種類があります。 花言葉は、一般的には「節制」「節度」「慎み深さ」などがあります […]

コメントなし

リュウキンカ

リュウキンカ(立金花)は、キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。茎が直立し、黄金色の花をつけることから立金花と呼称されるようになった。

コメントなし

ヒマワリモドキ、庭

ヒマワリモドキは、キク科の多年草で、北アメリカに自生する植物です。 太陽の花つまりヒマワリによく似たという意味です。 草丈は1mくらいで、7月から9月頃に直径7cmくらいの黄色い花を咲かせます。 花言葉は「憧れ」「崇拝」 […]

コメントなし

ホトトギス

ホトトギス(杜鵑草)は、ユリ科ホトトギス属の多年草で、日本の特産種です。 日陰のやや湿った斜面や崖、岩場に見られ、葉のわきに紫色の斑点のある花を上向きに咲かせます。 品種や交配種も多く、秋に美しい花を楽しむことができます […]

コメントなし

ウスベニアオイ

ウスベニアオイ(薄紅葵)は、アオイ科ゼニアオイ属の多年草です。 別名、ブルーマロウとも呼ばれています。 非常に丈夫です。 初夏から夏にかけて赤紫色の花を咲かせます。 花言葉は「穏やか」と「柔和な心」です。

コメントなし

十月桜(ジュウガツザクラ)

ジュウガツザクラ(十月桜)は、バラ目バラ科サクラ属のサクラ。 エドヒガン系の中のコヒガン系の栽培品種で、マメザクラとエドヒガンが交雑した種間雑種で 、春と秋から冬にかけての二度開花する二季咲きが最大の特徴です。 十月桜は […]

コメントなし

ヒマワリ、庭の片隅

ヒマワリはキク科の一年草で、原産地は北アメリカです。 黄色い大きな花を咲かせるのが特徴で、種は食用や油糧として利用されます。 花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめている」「愛慕」「熱愛」などがあります。

コメントなし

白糸枝垂れ桜

白糸枝垂れ桜は、エドヒガンの枝が細く枝垂れるように垂れ下がった桜の品種です。 花色は薄紅色で、一重咲きです。 白糸枝垂れ桜の花言葉は、優美、ごまかしです。 3月後半から4月上旬に咲き始めます。 白糸の滝や富士山本宮浅間大 […]

コメントなし

シャクナゲ

シャクナゲは、ツツジ科ツツジ属の植物の総称です。 シャクナゲは、日本にも多くの種類が自生していますが、その多くは変種であり、種のレベルでは4種または6種に集約されます。 シャクナゲの花言葉は「威厳」「荘厳」「危険」です。 […]

コメントなし

まるばまんさく

早春に咲くことから「まず咲く」「真っ先」が変化しまんさくという名前になったいう説もあります。とにかく、雪があるうちに咲きだします。マルバマンサクは北海道から日本海側、鳥取県まで分布する落葉低木で、多雪地帯に適応している。

コメントなし

カラナデシコ、庭

カラナデシコは、キク科ナデシコ属の多年草で、中国が原産地です。 別名セキチク(石竹)とも呼ばれます。 平安時代にはすでに日本に渡来していたと考えられています。 花言葉は「愛情の深さ」「優美な心」「清らかな愛」などです。 […]

コメントなし

ナガバユキノシタ、庭

ナガバユキノシタは、ヒマラヤユキノシタ属の常緑多年草です。 ナガバユキノシタの花言葉は、深い愛情です。 この花言葉は、ユキノシタの葉のしぼり汁が子どもに多い中耳炎やひきつけなどにも効果があるとされ、民間薬として用いられた […]

コメントなし

ソメイヨシノ、紅葉

ソメイヨシノの紅葉は、部分的に黄色が交じることもあり、様々な色味の葉を見せてくれます。 ソメイヨシノは、明治の中頃からサクラの中で圧倒的に多く植えられた品種です。 染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木職人が作り出したも […]

コメントなし



津軽地方には古くから、生まれ年の干支を一代様とする信仰があります。

たとえば、

十二支1番目の子年の多賀神社 守り本尊:千手観音菩薩様 呼称:目屋の清水観音様 場所:弘前市桜庭清水流104

自分の十二支を捜してみよう!

恥ずべきこと

人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。 けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。 5年前の自分、 10年前の自分、 20年前の自分 […]

コメントなし

鷹丘橋、弘前公園

鷹丘橋とは、弘前公園の内濠に架かる橋で、本丸と北の郭を結んでいます。 鷹丘橋という名は、弘前城の旧名である鷹丘城(高岡城)にちなんだものと思われます。 この橋は1670年(寛文10年)、4代藩主 信政 が母の屋敷のある北 […]

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    生姜焼き定食

    次の記事

    ざる中華