とろろそば

青森県青森市浪岡大釈迦沢田50-1、峠の茶屋。定休日は水曜日。とろろそばの細麺。

とろろそば、峠の茶屋




もりそばと中華、一力

青森県弘前市富田3-2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 もりそば 中華そばのメニューは、たった2文字の中華。 もりそばを食べてから中華そばです。 中華

コメントなし

ざるそば、そば処味新

青森県弘前市宮川3-3-3、そば処味新。 定休日は火曜日 ざるそば ミニ天丼もいただきました。

コメントなし

鬼面庵、山菜そば

青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地、酸ヶ湯温泉内、鬼面庵。 つなぎを使用せずそば粉だけで作られる名物「酸ヶ湯そば」

コメントなし

身欠きにしんの天ぷら

青森県弘前市大字茂森新町4丁目3-7、彦庵。定休日は火曜日(祝日は営業)です。 ざるそばもいただきました。

コメントなし

ミニ天丼ともりそば、めん房たけや

青森県弘前市大字稔町10-1、めん房たけや。 ミニ天丼ともりそば

コメントなし

きつねそばと塩おにぎり

青森県弘前市親方町29-4 親方町阿部ビル 1F、立ち食いそば処 長尾。定休日は水曜日です。 きつねそばが好きなので、迷わず注文しました。塩おにぎり小別途です。 立ち食いそばが珍しかったので、つい立ち寄りました。限定2脚 […]

コメントなし

玉子とじ

青森県弘前市大字親方町1-2 、高砂。定休日は毎週月曜日。

コメントなし

もりそばと親子そば

青森県弘前市富田3-2-17、一力。もりそばと親子そば。

コメントなし

カツ鍋焼きうどん

青森県弘前市大字稔町10-1、めん房 たけや。定休日は木曜日。 鍋焼きうどんにとんかつがはいっています。この組み合わせだけで満足。 ボリュームあります。ワンコインプレミアムです。

コメントなし

鴨せいろ、そば処かふく亭

青森県弘前市馬屋町24-1、そば処かふく亭。 鴨せいろ、そば処かふく亭  

コメントなし

幻のそば

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。定休日は日曜日。虹ノマート内にあるアキモト製麺直営店。 「津軽そば」とは、茹でそばをおいしく食べる方法です。津軽地方で造るそばだから「津軽そば […]

コメントなし

天ざる

青森県弘前市大字富田3丁目2-17、「一力本店」。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。

コメントなし

もりそば、そば処かふく亭

青森県弘前市馬屋町24-1、そば処かふく亭。 もりそば、そば処かふく亭

コメントなし

天ざる、ますみや

青森県弘前市元寺町56-2、ますみや。定休日は日曜日です。 天ざる、ますみや 天ざる、ますみや 天ざる、ますみや

コメントなし

大もりそば

青森県弘前市大字富田3丁目2-17、「一力本店」。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 今日は何を食べようか? もりそばの大もり、大もりそば。 アップで!そばが細い。 満足!

コメントなし

とろろそば

青森県青森市浪岡大釈迦沢田50-1、峠の茶屋。定休日は水曜日。とろろそばの細麺。

コメントなし

中華そばともりそば、一力

青森県弘前市富田3-2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 お蕎麦屋さんの中華そば 中華そばのメニューは、たった2文字の中華。 もりそばを食べてから中華そばです。 超細麺のもりそば

コメントなし

親子そば

青森県弘前市大字富田3丁目2-17、「一力本店」。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。

コメントなし

冷やし天ぷらそば

青森県弘前市塩分町1-2 、三忠塩分町分店。定休日は日曜日。焼肉丼と野菜の冷やし天ぷらそば。

コメントなし

津軽そば、アキモト製麺

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。 定休日は日曜日。虹ノマート内にあるアキモト製麺直営店。 「津軽そば」とは、茹でそばをおいしく食べる方法です。 津軽地方で造るそばだから「津軽 […]

コメントなし




青森県弘前市銅屋町、最勝院五重塔。

国の重要文化財指定の五重塔としては日本最北端に位置。

寛文7年(1667年)に完成した旧大円寺の塔で、総高31.2メートルである。

津軽藩3代藩主津軽信義、4代津軽信政の寄進により、前後10年以上をかけて建立されました。

行雲流水とは

行雲流水(こううんりゅうすい)とは、空に浮かび流れる雲や、流れる水のように、物事に執着せずに自然の成り行きに任せて行動することのたとえです。 また、一定の形を持たずに自然に移り変わってよどみがないことのたとえでもあります […]

コメントなし

杉の大橋、弘前公園

杉の大橋は、弘前公園内にある橋の一つで、二の丸と三の丸を隔てる内濠に架かっています。 築城当時はスギ材で作られた架け橋で、戦時には敵の侵入を防ぐために壊される仕組みになっていました。 1821年(文政4年)にヒノキ材によ […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    さばのみぞれ煮