とろろそば

青森県青森市浪岡大釈迦沢田50-1、峠の茶屋。定休日は水曜日。とろろそばの細麺。

とろろそば、峠の茶屋




天ぷらそば、そば処岩

青森県弘前市東長町13-4、 そば処岩。 営業は、毎週月、火、水曜日の3日間のみ。 天ぷらそば かけそば 別皿の天ぷら 天ぷらをのせて、天ぷらそばの完成

コメントなし

天丼ととろろそば

青森県弘前市塩分町1-2 、三忠塩分町分店。定休日は日曜日。天丼ととろろそば。

コメントなし

もりそばと中華、一力

青森県弘前市富田3-2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 もりそば 中華そばのメニューは、たった2文字の中華。 もりそばを食べてから中華そばです。 中華

コメントなし

中華そばともりそば、一力

青森県弘前市富田3-2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 お蕎麦屋さんの中華そば 中華そばのメニューは、たった2文字の中華。 もりそばを食べてから中華そばです。 超細麺のもりそば

コメントなし

津軽そば、アキモト製麺

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。 定休日は日曜日。虹ノマート内にあるアキモト製麺直営店。 「津軽そば」とは、茹でそばをおいしく食べる方法です。 津軽地方で造るそばだから「津軽 […]

コメントなし

もりそば、かしわそば

青森県弘前市大字親方町1-2 、高砂。定休日は毎週月曜日。大正2年創業。 もりそば、高砂 もりそばをいただいて、かしわそば かしわそば、天ぷらのせ

コメントなし

もりそばとかしわそば、たまごとじ

青森県弘前市大字親方町1-2 、高砂。定休日は毎週月曜日。注文するのは、大体、もりそばとかしわそば。もりそばをさっと食べて、かしわそばをいただきます。

コメントなし

道草

青森県弘前市土手町49-1 中三弘前店 3F、道草。 ミニ天丼ともりそば もりそば ミニ天丼 デザート

コメントなし

津軽そば、にしんそば

青森県弘前市駅前町12-1 虹のマート内、めんの店 アキモト 虹のマート店 。定休日は日曜日。 津軽そば、ニシンをトッピング 虹のマート内にあるアキモト製麺直営店。津軽そば、幻の津軽そば、和風ラーメンのメニューか

コメントなし

天ざる、高砂

青森県弘前市大字親方町1-2 、高砂。定休日は毎週月曜日。大正2年創業。 老舗の建物です。店内も広く、客席、お座敷があります。希望できます。 そばのみのメニューです。 天ざるです。

コメントなし

もりそばとかしわそば

青森県弘前市大字親方町1-2 、高砂。まずもりそばを食べて、そしてかしわそばをいただきます。 今日は、珍しく和室に案内されました。

コメントなし

大もりそば

青森県弘前市大字富田3丁目2-17、「一力本店」。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 今日は何を食べようか? もりそばの大もり、大もりそば。 アップで!そばが細い。 満足!

コメントなし

鶏天うどんとエッグカレー、三忠塩分町分店

青森県弘前市塩分町1-2、三忠 塩分町分店 。鶏天うどんとエッグカレー、ランチメニュー。

コメントなし

まぼろしの津軽そば

青森県弘前市塩分町、三忠塩分町分店。弘前さくらまつり期間中限定のまぼろしの津軽そば。

コメントなし

年越しそば2022

今年も大晦日が近づいてきました。青森県津軽では、大晦日にごちそうを食べます。我が家では、家庭料理として、焼き鮭、煮しめ、なます、子和え、ナマコ、数の子、茶碗蒸しなど。最近は、仕出しのおせち、オードブル、盛り皿など。 青森 […]

コメントなし

天ざる

青森県弘前市大字親方町1-2 、高砂。定休日は毎週月曜日。大正2年創業。久々に天ざるをいただきました。 もりそばとの違いは、量のみです。 天ぷらは海老を開いて揚げています。天ぷらは、海老天のみ。 冬は鍋焼きうどんも良いか […]

コメントなし

天ざる、ますみや

青森県弘前市元寺町56-2、ますみや。定休日は日曜日です。 天ざる、ますみや 天ざる、ますみや 天ざる、ますみや

コメントなし

蕎麦清

青森県弘前市大字小比内2-9-9、蕎麦清。 定休日は水曜日。 ざるそばとミニ天丼セット

コメントなし

もりそば、そば処かふく亭

青森県弘前市馬屋町24-1、そば処かふく亭。 もりそば、そば処かふく亭

コメントなし

天ざる

青森県弘前市大字富田3丁目2-17、「一力本店」。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。

コメントなし




青森県中津軽郡西目屋村、暗門滝(あんもんのたき)は、岩木川上流の白神山地内の暗門川にあります。

3つの滝から構成されています。

上流側から高さ42メートルの第一の滝

その200メートル下流に同37メートルの第二の滝

さらに160メートル下流に同26メートルの第三の滝があります。

木枯らし1号

木枯らし1号は、 季節が秋から冬へと変わる時期に、初めて吹く北よりの強い風のことを言います。 具体的には、10月半ばの晩秋から11月末の初冬の間に、初めて吹く毎秒8メートル以上の北よりの風のことです。 気象庁では、東京地 […]

コメントなし

亀甲門、弘前公園

亀甲門(かめのこもん)は、北側にある門、北門(きたもん)の別名です。由来は、北方の守護神として玄武という亀の神様とされております。 築城後間もなくはこの門が弘前城の正門とされていました。 亀甲門(かめのこもん)、大光寺城 […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    さばのみぞれ煮