もりそばとかしわそば、たまごとじ

青森県弘前市大字親方町1-2 、高砂。定休日は毎週月曜日。注文するのは、大体、もりそばとかしわそば。もりそばをさっと食べて、かしわそばをいただきます。

もりそば、高砂



かしわそば、高砂



たままごとじ、高砂



高砂




津軽弁、まね

まねは、駄目という意味の津軽弁です。 外国人が鉄くずを買いに来ました。 まね、まね、まね! 駄目、駄目、駄目! 私、高く買います。 Money、Money、Money!ではありません。

コメントなし





ざるそば

青森県弘前市大字親方町1-2 、高砂。定休日は毎週月曜日。ざるそばともりそばの違いは、そばの量です。 そして、天ぷらもいただきました。

コメントなし

中華そばともりそば、一力

青森県弘前市富田3-2-17、一力。定休日は、月曜日(祝日の場合は翌日)。 お蕎麦屋さんの中華そば 中華そばのメニューは、たった2文字の中華。 もりそばを食べてから中華そばです。 超細麺のもりそば

コメントなし

もりそば、塩分町分店

青森県弘前市塩分町1-2、三忠塩分町分店 。 定休日は毎週日曜日。 もりそば、塩分町分店

コメントなし

蕎麦清

青森県弘前市大字小比内2-9-9、蕎麦清。 定休日は水曜日。 ざるそばとミニ天丼セット

コメントなし

天丼ととろろそば

青森県弘前市塩分町1-2 、三忠塩分町分店。定休日は日曜日。天丼ととろろそば。

コメントなし




津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。

中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。

七福神とは

七福神とは、日本で信仰される福徳の神様のことです。 七福神の名前は、恵比寿(えびす)、大黒天、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人(じゅろうじん)、布袋です。 それぞれがヒンドゥー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持ち、幸 […]

コメントなし

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、弘前公園

未申櫓 (ヒツジサルヤグラ)、櫓の名前は、天守から見た方角を12支で示したもので、未申は南西に当たります。

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です