至誠(しせい)の人に

交際の奥の手は至誠(しせい)である。

理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。

至誠は、これ以上ないほどに誠実であることを意味します。

また、その心やまごころとも言います。

孔子の「中庸」に「至誠之道、可以無成而成」という言葉があります。

これは、至誠の道は、何もしなくても成就するということです。



至誠天に通ずという慣用句は、まごころをもって事に当たれば好結果がもたらされるという意味です。

西郷隆盛は、自分の部下に「人に推すに公事至誠を以てせよ」という言葉を残しました。

これは、公務にあたるときは、誠意をもって行動するようにという教えです。



至誠の人になるためには、自分の心に正直に生きることが大切だと思います。

また、他人に対しても誠実であり、嘘や偽りを言わないことも必要です。

至誠の人になれるのだろうか?



誠実な人は、自分の仕事に対して責任感を持ち、継続的に努力をします。

そのため、成果を出しやすく、評価されやすい。

誠実な人は、他人に対しても誠実であり、信頼関係を築きます。

そのため、相手もあなたに対して誠実に応えてくれる可能性が高まります。

誠実な人は、自分の欠点を認めて改善しようとします。

そのため、自己反省や学習を通じて、人としての成熟度を高めることができます。

 

至誠(しせい)の人に

交際の奥の手は至誠(しせい)である。 理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。 至誠は、これ以上ないほどに誠実であることを意味します。 また、その心やまごころとも言います。 孔子の「中庸」に「至誠之道、可以無成 […]

コメントなし

反対者には反対者の論理がある

反対者には反対者の論理がある。 それを聞かないうちに、いきなりけしからん奴だと怒ってもはじまらない。 問題の本質的な解決には結びつかない。 人の話を良く聞くことが大事です。 それも本人から直接聞くことが大事です。

コメントなし

日常生活とは?

日常生活とは、毎日繰り返される普段の生活のことです。 日常生活には、起床・就寝・着替え・食事・歯磨き・洗顔・排泄・入浴などの基本的な行動があります。 また、勉強・仕事・買い物・掃除・趣味などの個人や社会との関わりが含まれ […]

コメントなし

暑さ寒さも彼岸まで

「暑さ寒さも彼岸まで」には深い意味が込められています。 厳しい暑さや寒さが彼岸まで続くが、その後は過ごしやすくなるという意味を持ちます。 また、大変な時期があったとしても、ある時期を過ぎると解決していくということも表しま […]

コメントなし

ヤマセ

「ヤマセ」は、北日本の(主に東北地方)太平洋側で春から夏(5月から9月)に吹く冷たく湿った北東の風を指します。 この風は寒流の親潮の上を吹き渡ってくるため、冷たく、水稲を中心に農産物の生育と経済活動に大きな影響を与えます […]

コメントなし

嘘やごまかしをしない

約束や締め切りを守る。

秘密や機密情報を漏らさない。

他人の陰口を言わない。

自分の間違いやミスを認める。

相手の立場や気持ちに配慮する。

物や環境を大切に扱う。

他人の助けを求めたり、助けたりする。

自分の仕事にプロ意識を持つ。

 

自分の至らなさがわかります。



弘前さくらまつりの歴史、変遷

青森県弘前市、弘前さくらまつり。毎年弘前公園にて、4月中頃から5月初めまで、開催されます。

弘前さくらまつりの歴史、変遷その1

1715年(正徳5年) - 弘前藩士が25本のカスミザクラなどを京都から取り寄せ、園内に植栽。

1882年(明治15年) - 旧藩士である菊池楯衛が、ソメイヨシノ1,000本を植栽。

1897年(明治30年) - 再び1,000本を植栽。その後も市民の寄付などで植栽される。

ゆるく生きよう!

ゆるく生きるとは、 自分に対して厳しくしないことです。 そうすれば、人にも厳しくなることは少なくなります。 多少の無理をしてもなんとかなった若いころとは違い、40歳以降ともなると体力は衰えてきます。 さらに高齢期になれば […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    心を穏やかにさせるには

    次の記事

    小さいことを積み重ねること