中小企業基本法とは、

中小企業基本法とは、中小企業に関する施策の基本理念、基本方針、国や地方公共団体の責務などを定めた法律です。

中小企業基本法は、昭和38年に制定され、平成11年に全面改正されました。

中小企業基本法の目的は、中小企業に関する施策を総合的に推進し、国民経済の健全な発展と国民生活の向上を図ることです。



中小企業基本法では、中小企業者の範囲を業種ごとに資本金や従業員数で定めています。

また、中小企業者に対して経営の革新や創業の促進、経営資源の確保や取引の適正化、資金の供給や自己資本の充実などの施策を講じることを基本方針としています。

中小企業基本法は、中小企業が我が国経済の基盤を形成し、経済の活力を維持・強化する重要な役割を果たすことを認めています。

また、小規模企業に対しても特別な配慮を示しています。

中小企業に対しては、国や地方自治体が様々な支援施策を実施しています。

補助金・助成金:政策目標に合った事業の実施をサポートするために給付するお金で、返済義務はありません。

金融:融資や信用保証などの形で資金を供給します。



税制:還付や控除などの形で税負担を軽減します。

認定:特定の基準を満たす中小企業に対して優遇措置を与えます。

その他:専門家派遣や経営相談などの形で経営支援を行います。

これらの支援施策は、業種や規模、課題などに応じて選択できます。

また、中小企業庁では、よろず支援拠点というワンストップ窓口を設置しており、成長を目指す中小企業に対する伴走支援を行っています。

伴走支援とは、専門家が事業者と対話しながら、将来像や課題、強みや弱みなどを言語化し、支援計画を策定し、他の支援機関と連携しながら支援することです。







ゆるく生きよう!

ゆるく生きるとは、 自分に対して厳しくしないことです。 そうすれば、人にも厳しくなることは少なくなります。 多少の無理をしてもなんとかなった若いころとは違い、40歳以降ともなると体力は衰えてきます。 さらに高齢期になれば […]

コメントなし

呉越同舟とは、

呉越同舟は、仲の悪い者同士や敵味方が、同じ場所や境遇にいることのたとえです。 また、反目しながらも共通の困難や利害のために協力することも指します。 呉越同舟の「呉」と「越」は、中国春秋時代の国名です。 呉と越は宿敵で、長 […]

コメントなし

木枯らし1号

木枯らし1号は、 季節が秋から冬へと変わる時期に、初めて吹く北よりの強い風のことを言います。 具体的には、10月半ばの晩秋から11月末の初冬の間に、初めて吹く毎秒8メートル以上の北よりの風のことです。 気象庁では、東京地 […]

コメントなし

行雲流水とは

行雲流水(こううんりゅうすい)とは、空に浮かび流れる雲や、流れる水のように、物事に執着せずに自然の成り行きに任せて行動することのたとえです。 また、一定の形を持たずに自然に移り変わってよどみがないことのたとえでもあります […]

コメントなし

色即是空

色即是空は、仏教の根本教理の一つで、この世に存在するあらゆる事物や現象はすべて実体ではなく、空無であるということを表す言葉です。 「色」はこの世のすべての事物や現象を、「空」は固定的な実体がなく空無であることを意味します […]

コメントなし


青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

太宰治の葉という小説の冒頭にあります。

カップデリ

カップデリは、セブン-イレブンで販売されています。 手軽に野菜をとれる小容量のお惣菜・サラダです。 容器のふた部分には「トップシール」が採用されており、鮮度とおいしさを保っています。 販売地域は全国で、価格は商品によって […]

コメントなし

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    慈潤とは、

    次の記事

    年をとることの楽しさ