大内宿(おおうちじゅく)は、福島県南会津郡下郷町大字大内にある、江戸時代における会津西街道(下野街道)の「半農半宿」の宿場。

大内宿



鉄道開通により宿場としての地位はうしなわれました。しかし、大内宿は、茅葺屋根の民家が街道沿いに建ち並ぶ景観により、福島県を代表する観光地の1つとなっています。

大内宿



大内宿



南会津の山中にあり、全長約450mの両側に、道に妻を向けた寄棟造の民家が建ち並んでいます。

大内宿



江戸時代には会津西街道(又は下野街道)の「半農半宿」の宿場でありました。

大内宿



田園の中の旧街道沿いに茅葺き民家の街割りが整然と並んでいます。

大内宿



大内宿



民宿や土産物屋、蕎麦屋などが多数立ち並んでいます。特に蕎麦に関しては、高遠そばの名で知られており、箸の代わりにネギを用いて蕎麦を食べます。

大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿



大内宿本陣跡には、下郷町町並み展示館があります。

大内宿



日本一長い木の橋として架けられました。全長300メートル、三連太鼓橋です。

鶴の舞橋は平成6年7月8日、廻堰大溜池(津軽富士見湖)に、日本一長い木の橋として架けられました。

全長300メートル、三連太鼓橋です。途中には、大小のステージがあります。

春陽橋、弘前公園

弘前公園、春陽橋は、西濠を隔て、市街地である五十石町と西の郭に架かる橋です。 1932年に市民の通行の利便性のために架橋されました。

コメントなし

待つ身が辛いか、待たせる方が辛いか

太宰治の熱海事件とは、1936年に太宰治が熱海で執筆中に起こした金銭トラブルです。 太宰は友人の檀一雄を熱海に残し、金を借りに東京へ行ったきり戻ってきませんでした。 あまりに遅いので、檀一雄が太宰を捜したところ、東京で井 […]

コメントなし