青森県弘前市北横町5、時の音 ESPRESSO(時の音 エスプレッソ)、定休日は木曜日。

時の音 ESPRESSO



時の音 ESPRESSO(時の音 エスプレッソ)



時の音 ESPRESSO(時の音 エスプレッソ)








齋藤昌美 顕彰碑

青森県弘前市一野渡、座頭石。、齋藤昌美(さいとうまさみ)(1918~1991)顕彰碑、1955年(昭和30年)、青森県の農林省園芸試験所東北支場で開発された「東北7号」(のちの「ふじ」)の普及に努めました。 碑文は、リン […]

岩木山Gallary

岩木山Gallary、携帯でも、スライドで見ることができます。 四季折々の岩木山、津軽全域から望むことができます。

サラマンジェ・ドゥ・シェモア

青森県弘前市外崎1-3-12、サラマンジェ・ドゥ・シェモア。 定休日は月曜日です。 C-Lunch、シェフおまかせオードブル、 本日のお魚料理、国産牛フィレステーキ、デザート・コーヒー。 前菜 スープ 本日の魚料理 本日 […]

りんご園

青森県弘前市。広大な面積のりんご園。花も実もあります。

諸国漫遊

全国を旅した記録。観光地、名所旧跡、テーマパーク、まつりなど。 一覧にしてみました。こうして記録しておかなければ忘れてしまいそう。自分でまた見て、記憶を新たにして、また行ってみようかなあとも思います。いっしょに 旅行した […]

みんぱい

青森県弘前市大字八幡町2-8-7、みんぱい。 みんぱい、肉野菜炒め定食 みんぱい、肉細きりかけめし みんぱい、かに玉めし

会津若松城

福島県会津若松市追手町、会津若松城。地元では鶴ヶ城(つるがじょう)、黒川城、会津城とも呼ばれています。 土井晩翠氏が作詞した「荒城の月」の歌碑。荒城の月は、唱歌の懸賞の応募作品として滝廉太郎氏が作曲した作品。 その楽曲に […]

めん処香園

青森県弘前市末広3-3-2、めん処香園。

文学碑・成田千空句碑

五所川原市・不魚住・菊ヶ丘運動公園内。文学碑・成田千空句碑。 成田 千空(なりた せんくう、1921年3月31日 – 2007年11月17日)は、日本の俳人。 青森県青森市出身。1945年より母の実家のある五 […]

秋田市大森山動物園

秋田市浜田字潟端154番地、秋田市大森山動物園、現在総面積、150,070平方メートル。 大森山動物園は、愛称は「ミルヴェ」で、2023年に開園50周年を迎えました。 動物園内には約100種600頭の動物が展示されており […]

ドライブイン汐風

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町赤石町大和田38-1、 ドライブイン汐風。焼きイカ通りにあり、海が見えるドライブインです。 鰺ヶ沢町ヒラメのヅケ丼は、新しい名物です。 鰺ヶ沢町ヒラメは、1年を通して水揚げされます。特に旬は、12月 […]

大町桂月歌碑(城ケ倉)

大町桂月(おおまち けいげつ)歌碑。碑文は、嫦娥くらの 景は六万石にあり 入江のふち 磁石のふち。

三忠 塩分町分店

青森県弘前市塩分町1-2、三忠 塩分町分店 。 三忠 塩分町分店は弘前市にあるそば・うどん・中華そばの店で、創業100年を越える三忠食堂の分店です。 自家製麺で、天ざるや日替わりランチなどが人気です。 中華そばとかつ丼の […]

文学碑と岩木山

青森県弘前市百沢周辺、文学碑と岩木山

たけ屋

青森県五所川原市小曲字豊里5-3 、たけ屋 。定休日は、水曜日。

弘前りんご花まつり

りんごの花の咲きはじめる5月、弘前市りんご公園では「弘前りんご花まつり」が開催されます。

その他

とんかつ 地域情報 家めし 洋食 喫茶 テイクアウト 果実 お菓子 お弁当

藤の花と岩木山

弘前市鬼沢字猿沢、奈良寛親水公園。親水公園、藤の花と岩木山。

鯵ヶ沢からの岩木山

青森県西津軽郡鯵ヶ沢からの岩木山

岩木山の歴史

岩木山は標高1625mの円錐形の成層火山で、山頂は三つの峰にわかれており、弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山とされています。 岩木山は、青森県の最高峰で、津軽富士とも呼ばれる美しい山です。 岩木山は約70万年 […]




最新の投稿・ページ、新規・更新すべてを網羅

最新の投稿

最新のページ

新規・更新をチェック!

すべての投稿・ページの新規、更新を網羅して、一覧表示しています。

野菜の日とは

毎年8月31日は野菜の日です。 野菜の日は、1983年に全国青果物商業協同組合連合会など9団体が、「もっと野菜のことを知ってほしい」「野菜をたくさん食べてほしい」という想いで「8(ヤ)3(サ)1(イ)」の語呂合わせから制 […]

コメントなし

与力番所 、弘前公園

与力番所は、江戸時代に城内の主要な箇所の見張り所として配置されたもので、藩政時代には12ヵ所に建てられています 。 建築年代は不明ですが、江戸時代中期に一度改修したものと推定されます。 廃藩以降取り壊されることもなく、そ […]

コメントなし