青森県西津軽郡深浦町塩見形356、北金ヶ沢の大イチョウ。樹齢1000年以上にもなる大銀杏で、高さ31メートル、幹周22メートルという日本一の大きさとなっています。垂乳根の公孫樹(たらちねのいちょう)とも呼ばれています

北金ヶ沢の大イチョウ

環境省が2001年に実施した巨樹・巨木林調査においてイチョウの中では全国第1位と認定され、日本で最大のイチョウとして知られています。

日本一の大イチョウ

日本一の大イチョウ

2003年7月2日に深浦町の巨樹・古木に指定されています。

日本一の大イチョウ

2004年9月30日に国指定の天然記念物に指定されています。

北金ヶ沢の大イチョウ

深浦町は2012年から毎年、11月上旬から下旬の期間に、夜間のライトアップを実施しています。

北金ヶ沢の大イチョウ

北金ヶ沢の大イチョウ

北金ヶ沢の大イチョウ

北金ヶ沢の大イチョウ

北金ヶ沢の大イチョウ

日本一の大イチョウ

日本一の大イチョウ

北金ヶ沢の大イチョウ

デジタル植物園

カタクリ(片栗)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草。

カタクリの花には、「初恋」「寂しさに耐える」という2つの花言葉があります。

カタクリの花は、種が根付いてから、花が咲くまで7年前後の期間が必要とされています。

また、多年草ではあるものの、花を咲かせられるのは7回程度とも言われています。