弘前りんご公園付近、ときわざか霊園内、坂本登意顕彰碑 。昭和48年5月25日建立。

坂本登意顕彰碑




旧姓杉野森。明治39年4月、西郡中村に生る。若くして美容師を志す。昭和3年弘前市に新女苑美容室を開業。昭和32年青森県美容業環境衛生同業組合初代理事長に選任。昭和31年、弘前美容師協同組合を結成、同組合立弘前美容学校を創設。初代理事長兼校長となり美容師の育成に尽力。この間再度パリに留学。昭和38年、理美容法制定15周年、理美容師養成制度10周年に当り、内閣総理大臣、厚生大臣より感謝状、同44年文部大臣賞受賞。45年5月25日、病を得て死す。









水芭蕉

青森県弘前市大字常盤野字湯段萢、常盤野農村公園(ミズバショウ沼公園)。水芭蕉群生地として有名です。春雪解けとともに見ることができます。サトイモ科の多年草。中部地方以北の湿原に群生。春の雪解けを待って、高さ約20センチの白 […]

青森空港と岩木山

青森市中心部から南方に約10キロメートルの標高198メートルの山腹に位置する、本州最北端の空港です。滑走路は3,000mで、滑走路24に計器着陸装置 (ILS) が設置されています。 平成19年3月15日にILSカテゴリ […]

植物園

白神飯店

青森県弘前市国吉字村元279-2 、白神飯店。定休日は火曜日です。

スモークツリー

スモークツリーは、ヒマラヤ及びヨーロッパを原産地とするウルシの仲間。花が咲いた跡に立ち上がる毛が印象的な樹木で、その様子が遠目からは煙が舞っているように見えます。

牡丹

ボタン(牡丹)は、ボタン科ボタン属の落葉小低木。

もち処一久

青森県弘前市大字浜の町西2丁目3-26、 もち処一久 もち処一久、いちご大福

来々軒

青森県弘前市大字茂森町16、来々軒。定休日は、木曜日。

イロハモミジ

イロハモミジ(いろは紅葉)は、ムクロジ科カエデ属の落葉高木である。イロハカエデ(いろは楓)などとも呼ばれる。

シクラメン

シクラメンは、花の少ない冬に多くの花を咲かせてくれる球根植物です。 シクラメンの花言葉は遠慮、気後、内気、はにかみ です。

傘松峠(かさまつとうげ)周辺

青森県青森市にある傘松峠(かさまつとうげ)、標高1040m。 酸ヶ湯から十和田湖へ抜ける国道103号線の標高最高地点。冬季は閉鎖されます。 青森県青森市荒川南荒川山国有林酸ヶ湯沢、正式な住所です。

菜の花畑

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字建石町、山田野地区。菜の花畑は、ジャガイモの連作障害回避のため、毎年違う場所に作付してます。訪れるたびに違う風景が楽しめます。毎年、5月の中旬から6月上旬が見頃となります。

弘前城雪灯篭まつり、ミニかまくら

弘前城雪燈籠まつり(ひろさきじょうゆきどうろうまつり)は 青森県弘前市の真冬のまつりです。 毎年2月初旬開催されます。弘前城雪灯篭まつり、ミニかまくら

洋食、喫茶、ティクアウトなど

洋食、喫茶、ティクアウトなど。 青森県五所川原市広田榊森47-3 、グリルストウ。定休日は8月13日、12月31日です。 青森県つがる市柏上古川八重崎35-17 、めるしー。いつもは、チキンカツ定食が定番です。本日は、ハ […]

料理とお酒まさ

青森県弘前市山下町12-1 、料理とお酒まさ。店舗は中央通り山下町へ移転しました。定休日は、主に日曜日。和食のお店、ランチの種類が多くて、今日はどれにしようかなあ-。 下北風間浦産あんこう鍋と海鮮丼 天然鯛とサワラのしゃ […]

定食

焼肉定食、かつ丼、野菜炒め定食、とんかつ定食など。昼食には様々な定食の選択があります。 みんぱい、肉野菜炒め定食 いもや、天丼 河童亭なお、串カツ定食 とりかつとチーズしそ巻き、かつ亭。 特製!一夜干しホッケ焼き、料理と […]

お菓子のヒロヤ

青森県弘前市船水2丁目1-1、お菓子のヒロヤ。HIROYA HIROSAKI (船水店) 青森県弘前市川合浅田5-1、sweet garden hiroya (堀越店)

ラーメン大将

青森県黒石市一番町21-1、ラーメン大将。 定休日は、第2・第4火曜日。ほぼほぼセルフです。 みそラーメン しょうゆラーメン

スモークツリー

スモークツリー(煙の木)は、ウルシ科・コティヌス属(ハグマノキ属)。スモークツリーへ直接触れると、「ウルシオール」という物質に反応してかぶれることがあります。

今日は、とんかつにしようかなあ!

青森県弘前市品川町33、かつ亭 定休日は毎週火曜日。 青森県弘前市桶屋町65 、食事処とんかつしげ作、ヒレカツ定食のランチ。 青森県弘前市大字駅前3丁目15-7 グランメール駅前1F 、とんかつ専門店 助六。 青森県黒石 […]




青森県五所川原市金木町芦野(芦野公園内)太宰治文学碑。

碑文は「選ばれてあることの恍惚と不安と二つわれにあり」

太宰治の葉という小説の冒頭にあります。

ヤマセ

「ヤマセ」は、北日本の(主に東北地方)太平洋側で春から夏(5月から9月)に吹く冷たく湿った北東の風を指します。 この風は寒流の親潮の上を吹き渡ってくるため、冷たく、水稲を中心に農産物の生育と経済活動に大きな影響を与えます […]

コメントなし