七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっています。

〇立春、2月4日または2月3日・2月5日。

東風解凍(こちこおりをとく)、東風が厚い氷を解かし始める
黄鶯睍睆(うぐいすなく)、鶯が山里で鳴き始める
魚上氷(うおこおりをいずる)、割れた氷の間から魚が飛び出る

 

〇雨水、2月18日または2月19日。
土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)、雨が降って土が湿り気を含む

霞始靆(かすみはじめてたなびく)、霞がたなびき始める

草木萌動(そうもくめばえいずる)、草木が芽吹き始める

〇啓蟄、3月5日または3月6日。
蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
冬籠りの虫が出て来る

桃始笑(ももはじめてさく)
桃の花が咲き始める

菜虫化蝶(なむしちょうとなる)
青虫が羽化して紋白蝶になる

〇春分、3月20日または3月21日頃。
雀始巣(すずめはじめてすくう)
雀が巣を構え始める

桜始開(さくらはじめてひらく)
桜の花が咲き始める

雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす
遠くで雷の音がし始める

〇清明、4月4日または4月5日頃。
玄鳥至(つばめきたる)
燕が南からやって来る

鴻雁北(こうがんきたへかえる)
雁が北へ渡って行く

虹始見(にじはじめてあらわる)
雨の後に虹が出始める

〇穀雨、4月19日から4月21日頃。
葭始生(あしはじめてしょうず)
葦が芽を吹き始める

霜止出苗(しもやんでなえいづる)
霜が終り稲の苗が生長する

牡丹華(ぼたんはなさく)
牡丹の花が咲く

〇立夏、5月5日または5月6日頃。
蛙始鳴(かわずはじめてなく)
蛙が鳴き始める

蚯蚓出(みみずいづる)
蚯蚓が地上に這出る

竹笋生(たけのこしょうず)
筍が生えて来る

弘前市

弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。