1627年(寛永4年)、弘前城の5層の天守は、落雷により発生した火事によって焼失しました。その後、弘前城は長い間、天守を持たない城となりました。これは、幕府が定めた武家諸法度により天守の新造の許可が得られなかったためだと言われています。しかし1810年(文化7年)、幕府は津軽藩に蝦夷地(北海道)の警備を命じ、あわせて新しい天守の造営を認めました。津軽藩は、当時本丸にあった辰巳櫓を改築し、弘前城の天守としました。

弘前城の天守

下乗橋と弘前城天守

更新情報

最新の投稿・ページ、新規・更新をチェック!