青森県西津軽郡鰺ヶ沢町は日本海に面し、およそ 東西22km、南北40kmに及び総面積は343.08km2 です。町の花は、はまなす。町の木は、けやき。町の鳥は、うぐいす。1491年には津軽藩始祖大浦光信公が種里に入部し、藩政時代には津軽藩の御用港として栄えました。現在の鰺ヶ沢は、昭和30年に鰺ヶ沢町、赤石村、中村、鳴沢村、舞戸村の1町4ヵ村が合併して誕生したものです。

津軽藩発祥の地

光信公は種里城を居城としました。そして津軽平野に進出して大浦城を築城し、津軽統一の礎をつくりました。2代盛信公、3代政信公、4代為則公と地歩を固めて着々とその勢力を伸ばし、5代為信公(初代津軽藩主)により津軽統一がなされました。

津軽藩発祥の地、光信公の館

津軽藩発祥の地、光信公の館

鎧兜に身を固めた光信公の銅像、津軽家の家紋にちなんで800本のぼたんが植えられています。、毎年5月下旬には、ぼたん祭りが行われています。

鰺ヶ沢町、焼きイカ通り

生干ししたイカをさっと焼いて売る焼きイカ店が並び、焼きイカ通りとよばれています。

ドライブイン汐風、ヒラメのヅケ丼

「鰺ヶ沢ヒラメのヅケ丼」は、鰺ヶ沢で獲れた新鮮なヒラメをタレに漬け込んでヅケにしたものです。鰺ヶ沢町の新名物です。


弘前市

弘前市(ひろさきし)は、日本で最初に市制施行地に指定された都市のひとつ。弘前藩の城下町として発展し、現在も津軽地方の中心都市です。弘前市の木として「りんご」、市の花として「さくら」を選定しています。