青森県平川市(旧平賀町、旧尾上町、旧碇ヶ関村と合併)。旧平賀町は、米とりんご、高冷地野菜を主産業とする農業の町です。 旧尾上町は、米づくりとりんご栽培が盛んです。その他、植木や造園業も盛んで、生け垣や庭園が数多く見受けられます。旧碇ヶ関村は、「関所といで湯の里」で豊かな自然と温泉に恵まれた、秋田県境にある山あいの閑静な村です。

志賀坊高原から

猿賀神社

胸肩神社

白岩公園

津軽の歴史

津軽の歴史を学ぼう! 過去がわかれば、未来も開けてきます。歴史は人々が生きた証です。

津軽は、655年「日本書紀」に、「津苅」「東日流」「津刈」「都加留」と表記されています。中世には「平賀郡(津軽平賀郡)」「鼻和郡(津軽鼻和郡)」「田舎郡(津軽田舎郡)」に分けられ「津軽三郡」と言われた。