岩木山(いわきさん)は青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山です。標高は1,625 mで、青森県の最高峰である。津軽富士とも呼ばれています。弘前側からみた右が巌鬼山(岩鬼山)、左が鳥海山です。

毎年5月中頃、岩木山の麓に菜の花が一面に咲きます。

菜の花と岩木山




摺鉢山は、江戸時代に鉄砲、大砲の練習の的にするために築いた人工の山です。

摺鉢山と岩木山




青森県最高峰の岩木山と全長300mの鶴の舞橋。

鶴の舞橋と岩木山



弘前城雪灯篭まつり期間中のミニかまくらと岩木山。

ミニかまくらと岩木山




岩木川にかかる富士見橋と夕焼けの岩木山

夕暮れの富士見橋と岩木山




本州最北端の空港で、滑走路は3,000mで、滑走路24に計器着陸装置 (ILS) が設置されています。

青森空港と岩木山




毎年5月になると水田に水がはります。年に1度こんな風景を見ることができます。

逆さ岩木山




青森県弘前市独孤周辺、田植えどきの岩木山。

田植えどきの岩木山




青森県弘前市青女子地区周辺にて

真冬の岩木山




青森県弘前市樋ノ口周辺、岩木川と岩木山




毎年5月になると水田に水がはります。年に1度こんな風景を見ることができます。

逆さ岩木山




青森県平川市、志賀坊高原からの岩木山

志賀坊高原からの岩木山




青森県弘前市土堂周辺、田植えが終わった水田と鉄塔、岩木山。

鉄塔と岩木山




弘前市鬼沢字猿沢、奈良寛親水公園。親水公園、藤の花と岩木山。

親水公園、藤の花と岩木山



最勝院五重塔

青森県弘前市銅屋町、最勝院五重塔。

国の重要文化財指定の五重塔としては日本最北端に位置。

寛文7年(1667年)に完成した旧大円寺の塔で、総高31.2メートルである。

津軽藩3代藩主津軽信義、4代津軽信政の寄進により、前後10年以上をかけて建立されました。